【勉強方法 静岡ぐんぐん塾】「集中力」の流儀1、2 時間の使い方と工夫   静岡市駿河区 学習塾

  (おそれいりますが、かなをふっています)

 

「集中する技術」勉強編

 

集中力の流儀(りゅうぎ)として、書き込ませていただいていましたが、思うところがあり、内容を改訂(かいてい)してお送りします。

 

済みませんが、おゆるしくださいますよう、お願いします。

 

以下は、今回は勉強ができるようになるためには、絶対に欠かせない「集中力」についてのお話しです。

 

最後に、まとめをさせていただいています。

 

少し長文になりますが、よろしくお願いします。

 

 

「集中する技術」 

 

勉強においては、集中力は非常に大事な要素ですよね。

 

塾で生徒を見ていると、集中力がある生徒は、成績が伸びていますし、逆に集中力がない生徒は、成績が伸び悩んでいます。

 

 

ところで、集中力は、イコール気合だと思っていませんか?それは、ある意味その通りだと思いますが、気持ちの問題だけではないとも言われていますよ。

 

 

「集中」は技術(スキル)とも言われています。ここポイントです。自分には、やる気がない、気合がない、からと言ってあきらめていてはいけません。

 

知識を知って、ただ、それをやればいいだけ。簡単ですよね。

 

というわけで、この集中する技術について、お話しをしていきたいと思います。

 

 

 

人間の集中力は、どの程度持つものだと思ってますか?

 

これには個人差があるので何とも言えませんが、30分くらいという説が有力です。

 

学校で授業を受けていて、何分ぐらい集中することができますか?

 

時間を計ってみると、大体、そのくらいの方が多いのではないのでしょうか?

 

私は、生徒の時に実際に計ってみましたが、1時間集中しっぱなしは、まず無理でした。

 

 

 

そこでですが、長時間集中してぶっ通しで勉強すると、脳に疲れが残るといわれています。

 

すると、疲れがたまってしまい、後で反動が出てきてしまいます。

 

反動が出てしまうと、その後、勉強に集中できなくなり、継続が難しくなってくるんです。

 

人間、疲れてしまうと、何かとうまくいきません。

 

疲れていると、気力も弱まりますよね。

 

 

 

私自身も経験していることですが、中学、高校生の時、1時間ぐらい集中して勉強して、それから休憩して、またやろうとすると、

 

疲れてしまって、なかなか集中できないことがありました。

 

この時には、部活もあり、肉体的にもかなり疲労していました。

 

非常に疲れを感じていたことを覚えています。

 

後から考えてみれば、脳にも体にも疲れがたまっていたってことですよね。

 

 

 

ですので、人間の集中できる時間が30分と言われていますので、短時間集中し、5分位の休憩を入れてしっかりリフレッシュし、

 

また30分集中という形でやられてみる方法もありだと思います。

 

(あるいは、30分では短いという人は、1時間くらいとか、長めに時間をとってもいいと思います。

まずは、試してご自分で「実験」してみることですね。)

 

 

疲れ具合を確認しながら、自分にあった「集中タイム」を実験的に作ってみればいいと思います。

 

25分作業(勉強)をして、5分間休憩するという「ポモドーロ・テクニック」という30分を1セットとしたやり方もあります。

 

 

 

休憩㊡の取り方も大事です。

 

休むときには、しっかりと疲れを取るために、深呼吸をし、脳にしっかり酸素を送るようにします。

 

しばらく集中して勉強していると、エネルギーを消耗していて、脳は疲れています。

 

また、脈拍をあげるのもいいと言われます。血流をよくすれば脳に酸素が行きわたります。ですので、体を軽く動かすことも効果的です。

 

※酸素は、脳にとっても「栄養」です。

 

階段があれば、上り降りなどもいいと思います。やりすぎると疲れますが・・・。

 

 

 

また、集中が続かないのは意志の力が弱いからとも言われます。

 

意志力を保つためにも、㊡することで、エネルギーチャージ(補給)することをおすすめします。元気がないと意志力も低下します。

 

気合ばかりじゃないんです。

 

 

 

ここでですが、25~30分間はメチャクチャ集中することが大事なんです。

 

そして、時間が来たら、もっと勉強できると思った時でも、強制的に休むのが、長時間続けるコツです。

 

余力をもって、ちゃんと休まないと、過去の私みたいになります(泣)

 

 

 

時間の測定には、キッチンタイマーがおすすめです。

 

スマホのタイマー機能も使えますが、メールが来るなどして気が散るようであれば、辞めておいた方がいいですね。

 

いや、スマホはやめときましょうね。気になっていじり始めたらおしまいですから。

 

 

 

 

 

以下はこれまでの内容をまとめたものです。よろしければ、整理として使ってみてね。

 

上記の内容が、納得!ということでしたら、以下も読んでみてくださいね!

 

 

 

🔴 用意するもの

 

・タイマー  キッチンタイマーかストップウォッチ、アラームつきの時計など

 

スマホのタイマー機能はおすすめしません。

 

 

 

🔴 集中する時間

 

・タイマーを30分(あるいは25分)にセットする。(もっと長時間にしたい人は、せいぜい60分程度まで)

 

・勉強タイムは、全力で集中して勉強する。

 

・時間が来たら、途中でもやめて、強制的に休憩(きゅうけい)に入る。

 

 

 

🔴 休憩時間

 

・タイマーを休憩時間の5分にセットする。

 

・座席を立ちます。

 

・伸びや深呼吸をして、脳に酸素を送り込み、脳の疲れをとる。

 

・軽い運動(脈拍がすこし速くなる程度)をして、脳に酸素を送って疲れを取る。

 

(無理に力を入れるような筋トレのような運動(無酸素運動といいます)は、やる過ぎると疲れが残ります。)

 

・タイマーが鳴ったら、机について、また時間をセットして、やりかけた続きから開始し、勉強に全力で集中する。

 

こんなサイクルでも、結構、やってみると疲れますよ。5分の休憩もあっという間です。

 

 

 

🔴 もしも、どうしても眠いときは

 

    15分以内の仮眠をとる。20分~30分を超えると脳が深い眠りに入るため時間は守る。タイマーをかけておく。

 

    仮眠場所は、机のうえに伏せるなどして、体を横たえないようにする。

 

(布団やベッドなどに体を横たえると、爆睡モード(-_-)zzzに入って起きれなくなってしまいますので注意です)

 

 

 

以上になります。

 

よろしければ、参考にしてくださいね。

 

 

よろしくお願いします。

 

 

参考書籍

スタンフォードの自分を変える教室  ケリー・マクゴニガル

 

 

 関連

「集中力」って大事ですよね。ほか。 (👈クリック)

集中の仕方の一例について(👈クリック)

「集中力」の流儀1、2 時間の使い方と工夫(👈クリック)当ブログ 

「集中力」の流儀3 準備編(👈クリック)

「集中力」の流儀4 習慣編 (勉強場所)(👈クリック)

「集中力」の流儀5 習慣編 (勉強時間)(👈クリック)

「集中力」の流儀6 習慣編 (食事)(👈クリック) 

「集中力」の流儀7 習慣編 (睡眠)知識と活かし方(👈クリック)

 

 

 

 

 

 

 

 

【ブログ解説集】 

 

 勉強方法指導塾に関するブログ記事のご紹介(👈クリック) 

 塾生向けです。

★塾生のためのブログ集★(👈クリック) 

 「やる気」に関するブログ記事のご紹介(👈クリック)

ホームページ解説集(👈クリック) 

短期集中特別講座Ⅰのレポート集(👈クリック)

 

 

*ホームページ解説集

勉強方法指導塾・静岡ぐんぐん塾方針(👈クリック)

成長(成績)曲線の解説(👈クリック)

勉強方法を間違えていては成績は伸びない(👈クリック)

勉強方法にこだわりを持ってください(👈クリック)

どんなことにもやり方がある(👈クリック)

こんな私は中1のときに、勉強大苦戦でした。(👈クリック)

「やる気」について(👈クリック)

うまくいなかない原因を考えなければいけない(👈クリック)

塾・予備校に行けば成績があがるのか(👈クリック)

発音がわからないまま英単語を覚えようとしてはいけません(👈クリック)

家で発音のわからない英単語をどのようにして覚えようとしていますか?(👈クリック)

なぜ勉強することが必要か?(👈クリック)

 

  

*反響ブログ紹介

どんなことにもやり方がある(👈クリック)

塾内での勉強について(👈クリック)

あなたにとって勉強よりも大切なもの(👈クリック)

「やる気」について(👈クリック)                             

勉強方法を間違えていては成績は伸びない(👈クリック)

戦略・戦術がなければ勝つことはできません。(👈クリック) 

勉強方法を間違えると大変な目にあいます。(👈クリック)

みなさんの仲間にお教えした方法で点数を大幅UPした人がいます。(👈クリック) 

素直に受け容れてくれる人は伸びる(👈クリック) 

自分が学ぶことと、それを他人に教えることとは、全く違うことなのです。(👈クリック)  

書き取りのための書き取りは意味がありませんよ(👈クリック)

家庭教師で成績があがらない?(👈クリック)  

礼儀正しい人は「もっている」 (👈クリック)

ちゃんと計画・スケジュールを立てていますか?(👈クリック)

勉強方法にはこだわりを持ってください(👈クリック)

同じやり方では同じ結果を生みます(👈クリック)

小さな快挙!(👈クリック)  

続 小さな快挙。(👈クリック) 

証明問題ができない。(👈クリック) 

証明問題はイキナリはできない。(👈クリック)

証明問題ができなくてもご安心ください(👈クリック)

小学生の漢字の自己採点の落とし穴(👈クリック)

「やる気」に関するブログ記事のご紹介(👈クリック) 

スマホという時間泥棒にはお気を付けください(👈クリック) 

勉強時間について(👈クリック)

今やっている展開の公式とはなんなのか?(👈クリック)

たくさん教えてもらえれば伸びるのか? (👈クリック)

できる人の考えや行動をマネてくださいね(👈クリック)

志望校を決めるときの注意点(👈クリック)

 

 

*最近のブログ集

ブログ集1(👈クリック)

最近のブログ集(2017  2/3~2/15)(👈クリック)

最近のブログ集(2017  2/14~3/19)(👈クリック)

ブログ解説集 3/20 -4/1 2017 (👈クリック)

ブログ解説集 4/2-4/14 2017 (👈クリック)

ブログ解説集4/15-4/30 2017 (👈クリック)

ブログ解説集5/1~5/15 2017 (👈クリック)

 

 

 

 

【静岡勉強方法指導塾 静岡ぐんぐん塾のページのメニュー】 

【ホーム】(👈クリック)

【お問い合わせ】(👈クリック)

短期集中特別講座(👈クリック)

方針(👈クリック)

こんな生徒様を募集(👈クリック)

授業料・入会料(👈クリック)

塾生様・保護者様の声(👈クリック)

よくある質問(👈クリック)

塾長の部屋(👈クリック)

入会の流れ/営業時間/規約(👈クリック)

講習・イベント情報(👈クリック)

【塾生の部屋】(👈クリック)

 

概要(👈クリック) 

サイトマップ(👈クリック)

 

  

 静岡ぐんぐん塾ホームページ(👈クリック)へ戻る

 

 

★★★短期集中特別講座★★★

 

短期集中特別講座Ⅰのレポート集(👈クリック) 

短期集中特別講座の結果発表(👈クリック)

 

 

 

静岡県静岡市駿河区の学習塾

静岡ぐんぐん塾 

 

小学生・中学生 個別指導、

中学生勉強方法(学習方法)

指導、

学習スケジュール計画立案指導(コーチング)

西ヶ谷敏昭

 

ホームページ(👈クリック)

お問い合わせ(👈クリック)

 

 

 


勉強方法指導塾

静岡ぐんぐん塾

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

静岡県 静岡市 駿河区

小・中 ・高 勉強方法個別指導塾

〒422-8035

静岡市駿河区宮竹1丁目18番地15号

電話 Fax

054-204-2500

【お問い合わせ】(👈クリック)

E-mail: shizuokajuku3@gmail.com

Shizuoka 

 Study Method