勉強方法ブログ集 静岡ぐんぐん塾 静岡市駿河区 学習塾

 

 

【ブログ記事のご紹介】 

 

 

当塾のブログ記事をまとめました。

 

すべて、塾を運営している西ヶ谷(塾長)が記載しています。

記事をカテゴリー別ではなく、ドンキのようにランダムに並べています(苦笑)

 

ぜひ、お役に立てれば\(^_^)/

 

よろしくお願いします。 

 

 

 

 

 

2018  

 

 

 

塾・予備校に行けば成績が上がるのか?(👈click)(4/19)

塾に行っていればなんとなく安心でき、成績もあがると漠然と考えていませんか?塾に行っても成績が上がらないというわけではありません。どうしたら成績が上がるのかを考え、塾をどのように活用しようかという考えこそが必要なのではないでしょうか?

 

 

 

実力テストの見直し。(👈click)(4/18)

中学生も小学生もテストの見直しはもちろん必要です。ここでは、学力調査テストのような実力テストの見直しにどのような意味があるのかを書かせていただきました。実は、こっそり放置していませんか?実力テストの見直しは、実はいい復習になるのです。 

 

 

 

うまくいかない原因を考えなければいけない(👈click)(4/17)

失敗を数多くすることは仕方のないことです。誰でも、多くの失敗をして、それを教訓にして成功し成長していきます。しかしながら、失敗をしても、その原因を考えずに、そのまま過ごしていると、何度でも同じ失敗を繰り返すだけ、ということになってしまいます。同じ失敗は繰り返してはいけません。自分で考える習慣を身に着け、成長していってほしいですね。

  

 

 

計画・スケジュール管理について。(👈click)(4/16)

計画・スケジュール管理の重要性と、当塾での実践内容についての解説をしております。

 

 

 

 「まだ習ってない」って関係ないよ。(👈click)(4/15)

「習ってないからからやらない。」近隣の小学生から、そんな言葉が聞こえてきます。習ってないことは、やる必要がない、というのなら、塾とはいったいなんだんだろう、と思います。特に漢字なんて、自分でどんどん覚えられるはずですし、漢字ができるようになれば、読める本の選択肢が大幅に増えてきます。ぜひ、前向きに、習ってないからやる、という意識で勉強に取り組んでいただきたいと思いますね。 

 

 

 

どんなことにもやり方がある。(👈click)(4/14)

 当塾には、シェフをめざす生徒さんがいます。そこで、勉強方法の重要性を料理にたとえてご説明させていただきました。

 

 

 

部活と勉強の両立について。(👈click)(4/13)

「文武両道」とは、すばらしいことです。当たり前のように言われ、それを目指すべきだとは言いますが、何の考えもなく、それを進めようとしたら、まず失敗するのはないでしょうか?勉強と運動を両立させることは、そんなに簡単なことではないと思います。まだまだ体力のない年代、勉強も運動もするためには、「戦略」をしっかりもっていないと、両方ともに中途半端に終わってしまうのではないでしょうか?

  

 

 

大切なのは学校の授業のはずです。(👈click)(4/12)

学校の授業についていき、勉強を進めることは非常に大事なことです。多くの時間を学校の授業に費やしますが、その時間を無駄にしては、決していけません。そして、学校の授業を中心に考えながら日頃の勉強を組み立てていきます。そんな基本的な戦略が、大きな成果を生むものです。なので学校の授業は大事に考えてくださいね。

 

 

 

併願は不利なんです。(👈click)(4/11)

静岡県においては、高校受験で公立と私立を併願した場合、私立の方は、単願者に比べて選考で不利になります。いずれ、その現実は知ることになりますが、今の段階からわかっておくべきだと思います。危機感を持った時には、すでに遅かったでは、悔やんでも悔やみきれませんので。

 

 

 

自分の「弱点」はなんですか?2(👈click)(4/9)

自分自身のウィークポイント(弱点)を意識せずに、勉強を進めても効果はあがらないと思います。大きな穴のあいたバケツで、一生懸命に水を汲(く)み出そうとしているようなもの。バケツの穴をふさいでから、水くみをした方がいいですよね?多くの生徒さんが、自分の弱点を意識せずに勉強しているように思えます。そして、たとえ意識をして気が付いていても、そのための対策をとっていない人も・・・。自己分析をして、問題を改善するための対策をとり、またその効果を確認して、振り返りの反省をする。PDCA。その繰り返しが重要なんだと思います。 

 

 

 

自分の「弱点」はなんですか?1(👈click)(4/8)

人には、欠点、弱点が必ずあるものです。しかし、それは人間なんだから仕方がないこと。問題は、その弱点を克服すために、どう向き合おうとするかなんだと思います。「敵を知り、己を知れば、百戦危う(殆う)からず。」しっかりと自分の弱点を把握して、そのための対策をとることが必要なんだと思います。

  

 

 

自分の言葉で書いてみる。2(👈click)(4/7)

分からなかったところが分かった、そんな大事なことを軽く扱っていませんか?分からなかったことが分かったら、もう二度と、同じ間違いをしないような心がけをすることが大切なのではないでしょうか?どんな工夫の仕方があるのか、先のブログでお話しをしましたが、もう少し、深堀りをしてみたいと思います。

  

 

 

自分の言葉で書いてみる。(👈click)(4/6)

分からないことが分かったとき、答えだけをノートに書いて、そのままスルー。ポイントすら付け加えずにそのままスルー。やってしまってませんか。ノートを何のために書いているのか?参考書をどのように活きたものにするのか?自分で自分のノートに解説をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

暗記するにも集中力!(👈click)(4/4)

暗記が苦手な方へ。暗記は工夫と繰り返してやってみることで、誰にでもできるようになるものだと思っています。あきらめて集中が切れている人は、できないはずはないので、どうしたら暗記することができるのかを考え、工夫と繰り返しでがんばってみてほしいと思います。 

 

 

 

総復習の効果。(👈click)(4/3)

しばらく勉強していない分野は、忘れているものです。塾の生徒さんでも、昔やったことを忘れている人が多数です。長期の休みを利用して、「総点検」してみるのもいいと思います。

 

 

  

 塾生さん、勉強にもルールがあります。(👈click)(4/2)

 当塾の塾生さんへのメッセージ。勉強方法の方法とは、ルールのようなものです。何事もルールは守る必要があります。やってはいけない勉強を続けていては、いつまで経っても成績はあがりません。教えられたルールはしっかり守ること、そして頭を使った「勉強」をしていただきたいと思います。 

 

 

 

やってはいけない勉強方法(ただの書き取り)(👈click)(4/2)

漢字を覚えるために書き取りをしている生徒さんは多いと思います。また英単語も。しかし、ただただ書き取りという単純な作業を黙々と続けていて、効果があったのでしょうか?うまくいかないと思ったら、そのやり方を変えないといけないですよね。同じ方法からでは、同じ結果しか生まれませんので。

 

 

 

どこを目指して問題を解いているのか?(👈click)(3/31)

問題を解いていながら、今、なにやってるんだったかな?そんな経験はございませんか?答えを出すことが目的のはずなのに、どのようにしたら答えにたどり着けるのかの道筋を考えずに見切り発車してしまうような・・・。どうしたら答えにたどり着けるのか、全体像を考えながら問題を解くことも大切な考え方です。 

 

 

 

最近来られている生徒さんについて(👈click)(3/30) 

 最近、来られている生徒さんたちと保護者さまの特徴について書かせていただきました。特に教育熱心、勉強について真面目に考えている生徒さんたちの比率が増えていきました。教室内の雰囲気がさらにポジティブになるのではと期待しています。

 

 

 

同じテキストをやっているのに…(👈click)(3/29)

勉強をするにも、だたやればいいとか、問題を解けばいいとか、そのような考えでは、大きく成績を伸ばすことはできないと思います。大切なことを忘れていないか?どんな工夫ができるか?など、問題を解く以外にも、考えるべき大事なポイントがあるはずです。

 

 

 

「やり方」より「考え方」(👈click)(3/28)

特に小学生に、「やり方がわからない」とのご質問を受けます。この「やり方」ですが、基礎を理解せずに、方法だけを覚えるのは、問題があると思います。それでは、応用が利かず、しっかりとした学力はついてこないと思っています。

 

 

 

どんなタイプの生徒さんでも予備校なのか?(👈click)

高い学力レベルを目指すのであれば、「予備校」というイメージがあるのではないでしょうか?確かに予備校は、競争意識の高い生徒さんたち、つまり、学力のある生徒さんが集まりやすい傾向にあります。しかし、個々の生徒さんにとって、そこが性格的に向きが不向きかは別問題だと思います。春期講習に来られているある生徒さんたちも「不向き」だったようです。また、高学力でない生徒さんたちの場合は、いかがなものでしょうか?なんでもかんでも予備校、それ違ってませんか?

 

 

 

教科への関心度調査について(👈click)(3/26)

春期講習が始まり、初めての生徒さんと授業をする機会が増えてきました。某私立小学校の生徒さんですが、教科に対しての学力と関心度に関する調査アンケート結果をデータ化したものを見せてもらったのですが、、、。学力が高いのに関心度が低い、その調査結果にどんな意味があるのでしょうか?

 

 

 

上手くいかない時にどうしていますか? (👈click)(3/24)

世の中うまくいかないことだらけです。成功する回数と失敗する回数を比べると、圧倒的に心配する回数が多いというのが、一般的な考えです。しかし、勉強となると、自分自身が失敗しているという認識を持っていないので、勉強方法の間違いに気が付いていないことが多いように思います。うまくいかない原因を考えなければ、成功すること、つまり成績をあげることはできないと思います。

 

 

 

「ノート」に関する補足。(👈click)(3/23)

ノートに関するブログを記載しましたが、その補足です。色彩豊かな美しいノートを作っている生徒さんの成績が伸びていない、ということは珍しいことではありません。当塾内の生徒さんを見ていても、それは言えることなのです。ノートをとるにも、目的があるはずです。その目的を意識したノート作りが必要なはずですよね。

 

 

 

美しいノートをとって成績が伸びていますか?(👈click)(3/22)

多くの蛍光マーカーで彩られたきれいなノートをみると、さぞ、優秀な方なんだろうなと思われるかもしれません。ところが、意外に学力とノートのきれいさとは相関していないと思われます。ノートをなんのためにとるのかを意識していれば、ノートのきれいさは勉強とは関係がないはずなのです。

 

 

 

赤ペンの使い方を間違えていませんか?(👈click)(3/21)

答え合わせをして、赤ペンを使うことが多いと思います。どんなペンの使い方をしているでしょうか?赤ペンで模範解答をただ写すだけでは何の意味もありません。そして、そのまま次の問題に行っていれば、全く何の意味もありません。なぜそうなのか?そして、どうしたらいいのでしょうか? 

 

 

 

数学には数学的な考え方がある。(👈click)(3/20)

数学は問題の答えが合えばいいという教科ではありません。意外や意外、ここが誤解されがちです。答えがあっていても、数学とは「論理的思考」を養う教科のため、答えに至る過程を確認しておく必要があります。答えが合っていても、考え方が間違っていれば、その合っていた答えにはなんの価値もありません。

 

 

 

その書き取りでどれだけ覚えられていますか?(👈click)(3/20) 

「漢字や英単語は書き取りをすることで覚える。」さて、書き取りさえすればいいのでしょうか?

学校でみんながやっている常識と思えるようなことでも、かなり非効率なことはいっぱいあります。そこに、いかに気づけるかが大事なんだと思います。

 

 

 

その勉強方法で成績が上がっていますか?(👈click)(3/18)

中学生は、成果の上がる勉強方法を間違えていることがよくあります。それを知らないでそのままにしておくことは、病気が進行しているのに放っておくのと一緒だと思います。早く間違いに気づいて、それを直すための対策をとらないといけませんよね。

  

 

 

勉強は貯金と一緒。(👈click)(3/17)

コツコツと勉強することは、貯金に例えることができると思います。コツコツ貯めた貯金は、後に大きな金額になりますが、勉強もコツコツ継続してやっていけば、後々に高い学力がついてきます。でも、まさか、この言葉にズッポリはまってくれる生徒さんがいたなんて(笑)

 

 

 

こんな塾にしたいと思っています。(👈click)(3/16) 

記載内容変更しました。「勉強方法」を必要と思われ求めている生徒さんのお役に立てる塾にしたいと思っています。

 

 

 

全員合格しました。(👈click)(3/15) 

当塾の生徒さん、公立高校に全員合格し、これで受験生は第一志望も併願先もすべて合格となりました!不合格通知ゼロ!よくやってくれました。土壇場で大逆転の生徒さんも。受験は勝負です。今までの積み重ねと、「作戦勝ち」だったと思います。

 

 

 

それでも予備校なんですか?(👈click)(3/14)

成績が優秀な生徒さんは、予備校に行かれていることが多いかと思います。予備校は多くの場合は集団での授業だと思います。「講義を聴く」ことは、アメリカ訓練研究所からの報告によれば、5%ほどの定着効果しかない、とのことです。なので、授業がわからなくなるといった問題が起こるものです。では、どんな対処をしたらいいのでしょうか?

 

 

 

中1が救われた!球の公式が覚えられた!(数学)(👈click)

1で習っている球の表面積と体積、やはりテストに出てきましたね。当塾の中1の生徒さんですが、みな、正解しています(現時点で、わたしが確認させていただいた限りでは)。難しい公式こそ、語呂合わせの出番ですね。

 

 

 

勉強方法を学ぶ塾。(👈click)(3/12)

以前、「勉強方法を教える塾」としてブログを載せておりました。ところが、生徒さんの成績をあげるためには、勉強方法を教えているだけではダメで、それを自ら吸収し、自分のものにしようとの積極的な姿勢を引き出さなければいけません。そのため、「勉強方法を教える塾」から、「勉強方法を学ぶ塾」に訂正をさせていただきたいと思います。

 

 

 

できれば、なんて目標ありませんよ。(👈click)(3/11)

目標が「できれば〇〇」っておかしくないですか?できれば行きたいって、何か運任せような気がします。目標は明確にしなければいけません。そして、そこに向かってやる。目標に対する強い達成意識が自分を成長させるものですよね。

 

 

 

 

こんな生徒さんがいます。(継続は力なり)20180310(👈click)(3/10)

当塾の生徒さんのご紹介です。小学生なのですが、やや算数に苦戦しています。そんな中でも、何とか状況を変えたいという意志が見えます。まだ、先は長いですので、「継続は力なり!」で、がんばっていただきたいですね。

 

 

 

受験勉強は貯金といっしょ(👈click)(3/9) 

受験勉強は、いつから始めなければいけないという決まりはありません。しかし、早めに越したことはないと思います。貯金をする期間が長いほどお金は貯まりますが、勉強も準備期間が長いほど、学力は積み重なって上がっていくと考えられます。当然の話と思われるかもしれませんが、これがなかなかできてないんですよね。

 

 

 

パソコン教材の問題点(👈click)(3/8)   

パソコンソフト教材を使用している塾が多数ありますが、当塾は、当教材の使用については否定的です。当教材には想いも寄らない問題点が潜んでいると思っています。その問題点とは・・・

 

 

 

進路のことも考えてみてよ。(👈click)(3/7)

先の進路のことをあまり考えていない生徒さん多すぎのように思います。先のことは、わからないのでしょうが、あっという間に3年生になり、決断をしなければいけなくなります。勉強だって目標がなければ身が入らないですよね。多くの中学生にとっての目標は志望校ですよね。

 

 

 

中1を救え!球の公式を覚えられていますか?(👈click)(3/6)

1数学では、空間図形も終盤となり、球の表面積・体積の計算が出てきました。複雑な公式、さて、この難局をどう乗り越えるか?そんな困っている生徒さんのために、渾身の語呂合わせをお送りします。

 

 

 

 最近の出来事 高校入試面接練習より。(👈click)(3/5)

最近の当塾での出来事について、書き込ませていただきました。今回は、高校入試の面接練習でのB級トピックスについてです(苦笑)。というわけで、お忙しい方は、ぜひご覧にならないことをお勧めします(苦笑)

  

 

 

勉強しても成績があがらないときに(入塾相談より)(👈click)

勉強していても、なぜか成績が上がってこないという経験はあるかと思います。そのような時に考えなければいけないことは、その方法が正しいのかどうかを考えてみることです。そして、いろいろと試行錯誤をしてみます。そこで、誰でも近道がないかを考えるのではないでしょうか?失敗を重ね、試行錯誤していけば、いずれは成功にたどり着くとは思いますが・・・

 

 

 

進路相談:偏差値52、公立高校 普通科志望「どこに行けますか?」(👈click)

進路について考えていますか?例え中学に入ったばかりであっても、先の進路について考えておくことは大事なことだと思います。なぜなら、目標があるからこそ、勉強する気にもなるからです。そんな志望校の選定を考えずに放っておくと、意外な盲点にひっかかってしまうかもしれませんよ。

 

 

 

目標がないとやる気は出ない。(👈click)(3/1)

目標を決めずに勉強をしているって、なんか変じゃないですか?スポーツでも、将棋、囲碁などでも、目標は勝つことではないでしょうか?だからこそ、やる気が出る、力が出るのではないでしょうか?勉強も志望校合格という目標をもって勉強することで、やる気が倍増するものだと思います。

 

 

 

みんなと同じでは成績は伸びない。(👈click)  

みんなと同じということは、みんなと同じレベルでしか成績は伸びません。同じやり方からは同じ結果しか生まれません。なので、平均点しかとれないのであれば、今までとは違うやり方、つまり周りとは違うやり方で勉強しなければいけません。驚くほどに、多くの中学生がこの事実に気が付いていません。 

 

 

 

生徒様アンケート4 中2女子(👈click)

 

 

 

こんな生徒さんが来られています(すぐに調べる人はできる)(👈click)(2/26)

なんでもそうですが、わからないことがあったら、すぐに調べる。これは、成績を伸ばす上で大変重要な要素のひとつだと思います。仕事も同じで、すぐに調べたり行動に移す人はできる人ですよね。最近入塾面談に来られ、その場でご入塾された生徒さん、勉強が不振で不安があるとのことですが、いい心がけをもっています。不安が自信に変わる日もそう遠くはないと思います。

 

 

 

暗記も工夫してみれば。(👈click)(2/25)

暗記科目にだからと言って、ただ暗記に専念していては、なかなかうまくいかない人が多いのではないでしょうか?暗記力にも個人差があります。しかし、それは繰り返すことと、工夫することによって、カバーすることは十分に可能だと思います。また、「暗記力」も暗記を繰り返すうちにできるようになってくるものです。

 

 

 

東海大学翔洋中学校に合格しました。(👈click)(2/24)

 

生徒様アンケート3 中1女子(👈click)(2/23)

 

 生徒様アンケート2 小6女子(👈click)(2/23) 

 

生徒様アンケート1 中3女子(👈click)(2/18)  

 

 

 

連立方程式の過去問が解けた。(👈click)(2/21)

公立高校入試の過去問数学で大苦戦。そんな生徒さんも多いことかと思います。当塾でも、公立受験生が過去問に食いついていますが、なかなか解けずに、心折れそうな生徒さんもいます。しかしながら、当塾では、そんなこと言ってられませんから、とにかく進めています。そこで、長文の連立方程式の問題に手こずっていた生徒さんがとうとう・・・

 

 

 

勉強ができる人は「知識欲」がある。(👈click)(2/19) 

成績がいい人は、知識欲がある傾向があります。いろいろなことに関心を示して、自分で調べたりします。逆にそうでない人は、無関心であることが多く、知らないことが多いものです。勉強方法についても同様で、成績がいい人ほど、知ろうとし、そうでない人は関心が薄いので、さらに格差が広がることになります。

 

 

 

それは何のためのノート?(👈click)(2/18)

学校の授業のノート、しっかりとっていただくことは結構なことです。が、その目的を見失ってはいないでしょうか?ノートをとる目的は、書いたものを頭の中に入れるためのはず。ならば、きれいに仕上げることが目的になってしまい、本来の目的を見失っているノートづくりは、辞めにしませんか?

 

 

 

「できない、やだ、ムリ」のネガティブ催眠術に気を付けろ。(👈click)(2/17)

いつも「できない、やだ、ムリ」のようなネガティブな言葉を使っていると、自分自身にマイナスの影響を与えるのではないかと思います。こんな言葉をいつも使っていると、自分にマイナスの自己暗示がかかってしまい、できる問題もできなくなってしまいそうです。もっと、ポジティブな言葉を自分にかけてみませんか?

 

 

 

勉強ができる人の7つの特徴。(👈click)(2/16)

成績が優秀な人には、あくまで傾向ですが、特徴があると思います。その特徴について書いてみました。そして、そうでない人についても・・・。早く成績をあげるためには、できる人たちと同じ考え・気持ちを持つことが近道ではないでしょうか?単純にマネてみる。それが一番早いと思います。

 

 

 

最近の出来事。宿題請求 20180215(👈click)(2/15) 

最近の出来事について書かせていただきました。あまり成績UPとは関係がありませんので、お忙しい方は自己責任でお願いしますね。今回は、入塾相談で来られ、体験授業をされた時の様子を、主に書かせていただきました。

 

 

 こんな生徒さんがご入塾されています。(新小2)(👈click)(2/14)

最近、ご入塾された生徒さんをご紹介させていただきます。当塾最年少、小学1年生です。活発で、勉強も運動もかなり積極的。お見受けしたところリーダータイプですね。なんと、お母さまが、半年ほど前から当塾のホームページサイトを毎日のように見てくださっていたとのこと。ご入塾は4月から。当塾小2の生徒さんとはツートップを形成か?(笑)

 

 

 

こんな生徒さんがご入塾されています。(新中1)(👈click)(2/13) 

最近、ご入塾された生徒さんをご紹介させていただきます。4月から新中学生ですが、それまでの期間は、準備として、算数の総復習をやり始めています。なかなか意欲的、目標も高く、文武両道。理解力が高いので、勉強方法を身に着ければ、確実にステップアップできると思っています。

 

 

 

わからない英単語をためるとロクなことがない。(👈click)(2/12) 

やるべきこと、宿題など、なんでもそうですが、溜めるといいことはありませんよね。英単語も同じで、わからない単語が増えだしていくると、やばくなるサインです。なので、わからない単語は、積極的にすぐに覚えるようにしていただきたいと思います。これは、漢字も同じですよね。

 

 

 

ホームページ解説集(👈click)(2/11)改訂 

静岡ぐんぐん塾のホームページ解説ブログ集です。当塾ホームページを解説しているブログをご紹介しています。(内容を改定しました)

 

 

 

勉強方法指導塾について (👈click)(2/10)

「勉強方法」を教えられる塾は、実際のところ少ないのが実情です。それは、集団授業であれば、個別に「勉強方法」を教える機会はないですし、個別でも、多くの学習塾は学生のバイトであったり、実質、本物とは言えないサラリーマンであったりするからです。ですので、「勉強方法」を大事に考え、基本に忠実に成績を伸ばすことができる塾をと考え、当塾を立ち上げました。

 

 

 

 最近の出来事。「初日」が出た。20170209 (👈click)(2/9)

 最近の出来事について、書き込ませていただきました。勉強の役には立たないと思いますので、忙しい方は読まないことをお勧めします(笑)。暗記テストで珍解答連発の生徒さん、意地を見せて今季初白星「初日」を出しました。それにしても、ミイラを知らなかったとは・・

  

 

 

 できるまでとことんやってみた。(👈click)(2/8) 

「わかる」までではなく、「できる」までやる。これが分かっているようでわかっていない生徒さんが多いように思います。これが徹底できる人ほど、成績はいいはず。しつこくしつこく数学の過去問に食らいついて「ゴール」。大苦戦しても、結局、難問が解けるようになりました。

 

 

 

習ってないからやるんだよ。(社会暗記)(👈click)(2/7)

当塾での暗記の宿題、「習ってない」と声高に言う生徒さん、いますね。すでに該当の単元を終えているのなら、それは学校の授業では「やったこと」とされています。なぜなら、教科書の全部を授業で網羅するなんて不可能だからです。だから、授業で出て来ない内容でも、受験に備えて「習ってないこと」を自己学習すべきです。

  

 

 

暗記の勉強も継続は力。(👈click)(2/6) 

「暗記」のような地味な作業も、コツコツと継続していくことで、とてつもない知の財産を得るものだと思っています。もちろん、単純な暗記の勉強だけではいけませんが、知識がなければ、それを土台としている知恵も育ちません。知識の習得も、日々、コツコツと積み重ねていきたいものです。

 

 

 

「正しい勉強方法」とは、一体なんなのか? (👈click)(2/5)

最近、勉強方法を教えます、と言ったような塾の宣伝が増えてきました。はたして、それらは本当に効果的なものなのでしょうか?塾講師個人の学生時代の経験のみで教えられた勉強方法に、果たしてどれだけの効果が期待できるものなのか?実際に効果のあった勉強方法を、また誰かに試してみて、効果が出ていることを再現していることを確かめることが必要なはずですよね。 

 

 

 

生徒間で教え合ってもらったところ・・・(👈click)(2/4)

最も定着を促す勉強の仕方は、米国国立訓練研究所の報告によれば、「他人に教える」ことだとされています。当塾では、生徒間で教え合う試みも始めてみました。人に教えることで「定着」が得られたのか、また、結果の確認をしていきますが、それ以外にも、想定外のいい効果があったと実感しました。

 

 

 

 「できるまでやる」にとことんこだわる。(👈click)(2/3) 

「わかるまでやる」のではなく、「できるまでやる」意識が大切です。言っても、「わかった」段階で終わっていませんか?しつこくしつこく出来るまでやる。この意識が大事だと思います。

 

 

 

必殺技も使えるようにしておいてくださいね。(数学)(👈click)(2/2)

中学校で習ってなくても、使える公式というのはあります。ここは、高校の分野になってきますので、塾ならではの教えることができる「テクニック」になります。このテクニックも、実際には頭でわかっていても、演習をして使ってみなければ、マスターできていないものです。公式は一度、演習をして使ってみておいてくださいね。

 

 

 

ただの丸暗記ではつらい。(👈click)(2/1)

暗記と言っても、何の関連性もない、ただの用語の丸暗記では、なかなか覚えられないものです。なので、暗記といっても、ただの丸飲みではなく、調べてみて意味を知り、関連付けて覚えるべきだと思います。調べる手段はいろいろあるはず。ぜひ、やってみては。

 

 

   

 最近の出来事 ミイラが泣いている 20180131(👈click)(1/31)

最近の出来事について書き込ませていただきました。読んでも、成績があがるとは限りませんので、読まれる方は自己責任でお願いします(笑)。社会暗記対策、確認テストにて珍解答。あんまり、ミイラを泣かせんといてや~(関西風)

 

 

 

できることなら早いうちに手を打って。(👈click)(1/30)

苦手科目への対処が遅れれば遅れるほど、復活は難しくなります。特に英語や数学といった教科は積み重ねが大事ですので、早い段階での積み上げがないと、その先に多いに支障をきたします。先延ばしにすればするほど、「重症度」は高くなります。

  

 

勉強方法を教える塾。(👈click)(1/29) 

最近「正しい勉強方法」をネットや広告にて、うたっている塾が目立ってきました。さて、実態はどんなものでしょうか?まず「正しい勉強方法」とは何か?そして、それをどのように生徒さんに習得してもらうか?それができれば、成績は伸びたも同然ですが、そんなに簡単な話しなのでしょうか?そして、それを習得しようという気持ちも大事なのです。

 

 

 

わかりやすく教えてもらうと成績が伸びるのか?(👈click)(1/28)

先生に、わかりやすく教えてもらえたからって、成績が伸びるものなのでしょうか?それでは、わかりやすく教えてもらえなければ成績は伸びないのでしょうか?そもそも、この受け身の考え方では、成績は伸びないと思います。塾を選ぶ際には、「宣伝」「口コミ」の言うことを鵜呑みにせず、本質を見抜くことが必要だと思います。

 

 

  

最近の出来事。20180127(👈click) (1/27)

最近の出来事について書き込ませていただきました。読んでも勉強の成績は多分上がりませんので、読まれる際には自己責任でお願いしますね(笑)ハクビシンネタと面接練習に関してです(笑) 

 

 

 

壁にぶつかり苦戦しているときに、どう考えるか?(👈click)(1/26)

結果が出ないのであれば、必ず原因があります。その原因と向きあって、問題を解決しようとしないと、同じ心配を繰り返すことになり、苦労ばかりが増えることになります。例えば、過去にやったことがある内容をすっかり忘れてしまうのであれば、どこに原因があるのかを考えなければいけません。そして、そのためには何をしなければいけないのか?自分で考えることが大切です。 

 

 

 

地図帳がなくて地理ができるのか?2(👈click)(1/25)

地理にとっての地図は、語学においての辞書のようなものだと思っています。普段から地図に接することが必要なのではないでしょうか?さすがに、地図帳を見ないで地理ができるというイメージが、わたしにはわきません。

 

 

 

地図帳がなくて地理ができるのか?(👈click)(1/24)

地理を勉強する上で、地図は欠かせないものだと思っています。もちろん地球儀も見るべきだと思います。「世界の形」が見えれば、いろんな知識も吸収しやすいのではないでしょうか?私は、個人的にも地理が得意科目で強力な「武器」でもあったので、自分がやっていた勉強法である「地図の利用」をお勧めしたいと思います。

 

 

 

自信を持ちたいから頑張れる。(👈click)(1/23)

誰でも生まれつき自信があるなんて人はいないと思います。そして、自信を持つことで、次にまた成功させようという気持ちが生まれます。なので、今、自信のない人は、小さくとも自信を持つことを目標に、勉強を進めてみることをお勧めします。

 

 

 

球の公式(体積・表面積)、せっかく出たのに・・・(👈click)(1/22)

問題を解くためには、「公式」だけを覚えておいても、実践で通用しないことは多々あります。ですので、演習=練習が必要なんです。公式は問題をこなすことによって覚え、使いこなせるようになることが大事ですね。

 

 

 

単語テストのための単語の覚え方。(👈click)(1/21)

英単語を覚えることひとつとっても、どのように覚えるのかを工夫することが大事です。なにげなくやっていると、大変、無駄なことをやっていたりすることがあります。また、英単語を覚えるときには、発音がわかることが基本です。

 

 

 

限界はつくらない。(👈click)(1/20)

自分を「この程度」だからと決めつけてしまい、難問にチャレンジしないことは、もったいないことです。基礎に忠実に段階を追って進めていけば、意外とあっと言う間に、難問が理解できるようになってくることがあります。理解ができれば、あとは解けるようになるよう、練習するだけです。ぜひ、難問にもトライしてくださいね。

 

 

 

【勉強方法】数学の点数が4か月で4倍‼(👈click)(1/19)

 数学が苦手で当塾に来られた生徒さん。正しい勉強方法と地道な努力、継続力で、なんと4か月足らずでテストの点数が4倍増!ビリギャル真っ青の爆上げです。まだまだ成績が上がっていく予感。やるべきことをしっかりと続ける。それ以上のことはないと思います。

  

 

 

生徒さんのレポートより。数学の難問に挑戦。 (👈click)(1/18) 

基礎力が不足していて。数学で苦戦をしていた中3の生徒さん。今、1・2年生の復習を含めて勉強を続けているところですが、難問に取り組んでみたところ・・・。「できた」とはいきませんでしたが、答えをみて「理解できた」とのことです。そして、自分でも難しい問題ができるという自信を得ました。本番での爆発を期待! 

 

 

 

生徒さんのレポートより。地理は地図。20180117 (👈click)(1/17)

地理が苦手な人は、地図を見る習慣がないものです。地図に興味もない・・・。それで地理が得意になることは、まずありえないように思います。地理にとって、地図は、語学にとっての辞書のようなものだと思っています。生徒さんのレポートから、ご意見をさせていただきました。

 

 

 

生徒さんのレポートより。高校受験・数学(👈click)(1/16)

塾内での授業の終了報告より。受験生の数学ですが、苦手対策で一次関数の勉強をしています。一次関数ですが、入試には、それ単独で出されることは多くなく、二次関数との複合で出される傾向にあります。そうなると両者ができないと問題が解けないことになります。関数の対策としては、二次関数の応用問題ができるようになる必要があります。

 

 

 

最近の出来事。20180115(👈click)(1/15)

最近の出来事について書き込ませていただきました。勉強の成績が上がる記載はありませんので、忙しい方はご覧にならないことをお勧めします(笑)

 

 

今の時期にゆるむのは危険です。(👈click)(1/14)

1月も中旬になりました。私立高校受験まで1か月を切り、公立高校受験までは2ヶ月を切っています。この時期に、なぜか余裕?受験は勝負です。勝負は油断していると思わぬ落とし穴にはまることがあります。最後まで気を抜いてはいけませんよ。

 

 

 

地理がわからないのも困りますね。(👈click)(1/13)

「地理」を知ることは、教養でもありますが、常識でもあります。やはり常識がわかっていないと問題ありますよね。お恥ずかしいことにならないよう、最低限、基本的なことはしっかり覚えておきましょう。お〇カになってはいけませんよ(苦笑)

 

 

 

「習ってない」も習ったことになっている。(👈click)(1/12)

すでにやった単元なのに授業では「習ってない」。後々の問題演習で、「あれっ、やってない?」ということは度々起こります。しかし、これは「やらなくていい」わけではありませんので、ご注意くださいね。「やったこと」とされているんです。

 

 

 

生徒さんのレポートより。2018010(👈click)(1/11)

当塾では、授業の前後に、目標と結果報告をしていただいています。自分で考え、自分で判断し、行動できる人になれるようにやっています。そのレポート内容の一部のご紹介になります。

 

 

 

できるまでやっていただきます。(👈click)(1/10)

当塾は暗記カードを使って課題を出し、確認テストをするようにしています。何事に継続することが大切です。「強制?」する形にはなりますが、自分から継続できる人というのは現実的には少数派なので、多数の人には、それが望ましい形なのかなと思っています。継続しますので、ぜひ、成果を出してくださいね。

 

 

 

ノートに答えを写しても身にはならない。(👈click)(1/9)

問題を解いて答え合わせをすると、決まってするのが、赤ペンで訂正する作業です。ところが、この作業ですが、何も考えないでただ書き写している人が多いんです。それも書き写して終わり(泣)。考えることをしないと意味がありませんよね。

 

 

 

中1の冬休み明けが逆襲の始まりだった。(👈click)(1/8)

私は、中1の冬休み前まで、成績が伸び悩んでいて、あきらめかけている状態でした。それまで、どうやったら成績が伸びるのか、いつも考えながら勉強をしていました。そして、冬休み明けのテストで成績は急上昇しましました。成績を伸ばしたいのであれば、努力することはもちろんですが、どのような努力をしたらいいのか考えていなければ結果は出ないと思います。

 

 

 

最近の出来事。20180106(👈click)(1/7)

最近の出来事について記載しました💥 最近から、暗記カードを使った、宿題→確認テスト、をやっています。また、授業の始めと終わりに、目標と結果(レビュー)をしていただいています。その生徒さんの報告の一部のご紹介をさせていただいています。

 

 

 

試験直前は覚えまくるしかない!(👈click)(1/6)

試験直前であればあるほど、効果を発揮するのは「暗記」。人は忘れる生き物です。しっかり思い出して試験に備える。それが一番だと思っています。

 

 

 

覚えるときは声に出してみるのもいい(暗記力)。(👈click)(1/5)

何かを覚えるときに、黙々と書いている人や、見ている人がいますが、それだけでは、なかなか覚えられないものです。声に出してみることも効果的な方法です。

まだ、やっていないのなら、いかがでしょうか?

 

 

 

漢字は書かないと忘れるよ。(👈click)(1/4)

漢字を勉強机に座って一生懸命に覚えても、普段、使っていないと忘れてしまうものです。普段から、意識して漢字で書くようにしていますか?面倒だと思って書いてないと忘れちゃいますよ。

 

 

 

中学受験直前対策。(👈click)(1/3)

中学入試日が間近です。超直前対策ということで、どんな勉強が得点力アップに効果的かをお話しさせていただきました。人がよく忘れることは、心理学者の研究によっても証明されています。ならば、直前で、やったことを思い出すようにすることが、いいのではないかと思います。

 

 

 

面接練習 気が付いたこと(中学受験)3。 (👈click)(1/2)

中学受験のための面接練習で気づいたこと、の連載3回目です。準備していたことと違う質問がとんでくることはよくあることです。そんな場合には、あわてずに正直に答えましょう。内容については、高校受験の面接に通用するものだと思っています。ぜひ、ご参考までに。 

 

 

 

面接練習 気が付いたこと(中学受験)2。 (👈click)(1/1)

 あけましておめでとうございます!

 

中学受験の面接の「想いも寄らぬ」注意点をまとめました。面接官の心理も考えたうえでの対策です。面接対策の参考にしていただければうれしいですね。

 

 

 

 

2017  

 

  

面接練習 気が付いたこと(中学受験)。 (👈click)(12/31)

 中学受験の面接の「想いも寄らぬ」注意点をまとめたその前編です。面接対策の参考にしていただければうれしいですね😊

良いお年を!

  

 

 

 

暗記力には個人差があるのですが・・・。(👈click)(12/29)

暗記力には個人差があると思います。暗記が得意な人は、さぞ有利だろうな、って思うかもしれません。暗記が苦手だった私は、いつも覚えるのが遅くて劣等感を感じていました😣が、工夫をこらしてコツコツやることで「逆転」してきました。「暗記」には、誰にもチャンスはあるものだと思っています。

 

 

 

覚えるためには調べることも大事(暗記力)。(👈click)(12/28)

ただ暗記すると言っても、言葉だけをみて大量の情報を覚えようとするのは難しいことです。何か関連のツール(例えば地理であれば地図など)を使って調べながら覚えることをお勧めします。

 

 

 

 小さなことでも継続は力。(暗記力・継続力)(👈click)(12/27)

継続は力なりといいますが、これは、本当に大きな効果を生み出すものです💪。当塾にて、「暗記カード」を使って継続トレーニングをしていくことにしました。あくまで「有志」でやっていますが、今のところ拒否された方はひとりもいません。今後、どんな結果が出てくるのか楽しみにしています。

 

 

  

球の表面積と体積の覚え方指南。(👈click)(12/26)

数学で。球の表面積と体積の公式🔴。やや複雑で覚えられないという人はいませんか?便利な覚え方があるんです。もう知ってた?あっ、そうなんですか💦

 

 

 

ケアレスミスを減らすために。(👈click)(12/25)

ケアレスミスは誰でもするものです。ただ、人によってその頻度がぜんぜん違います。ケアレスミスが多いのなら徹底して減らすように意識した方がいいですね。テスト前に目標として紙に書いてみるのも効果的かもしれません。

 

 

 

生徒さんのレポートより(算数:みはじ)(👈click)(12/24)

小6で「速さ」の問題(速さ・時間・道のり)をやっていますが、早速、「みはじ」の準備がされていました(苦笑)。そこで、こちらも早速、みはじ禁止令🚫。みはじを使わなかった生徒さんの結果はいかに。

 

 

 

 

数学の応用問題を習ってないって。(👈click)(12/22)

応用問題、特に数学ですが、学校の授業で習ってないと言っても、数学も問題は何パターンもあるので、ひとつひとつ授業ではやりきれないのです。なので、授業の進行が遅い時には、飛ばされることがあると思います。そんなとき、どうしてますか❓

 

 

 

運動不足で体重が増えてきてしまった生徒さんへ。 (👈click)(12/21)

3生は、部活を引退して、しばらく運動をしてなかったりすると、体に脂肪が・・・😰。体は適度に動かしておきたいもの。参考までに脂肪を燃焼させるカロリーについて記載させていただきました。運動しないで、今までと同じ量を食べていては太ります。また、脳のエネルギー源である「糖」のことについてのご注意も書き込ませていただきました。

 

 

生徒さんのレポートより。(👈click)(12/20)

 当塾では、授業の終了時に簡単なレポートをしていただいています。その中からの1例のご紹介です。目標を立て、決めたことができたとのことでした👏。大事なことは、こんな小さな成功の積み重ねなんだと思います。また、素直な生徒さんは、努力をちゃんとすれば、

成績は良く伸びるんです。

 

 

 

こんな生徒さんがいます(小学生編)。(👈click)(12/19) 

当塾の特徴的な生徒さんのご紹介をさせていただきます。今回は、小学生の女子生徒さんです。国語は、めちゃめちゃ得意、算数もできますが、案外、算数の基本問題に弱かったりしています。最近は、そんな算数も計算力がついてきたようです👏。塾では、「最強」の難題と格闘しています💪。算数の底力をつけていただきたいと思います。

 

 

「苦手」から「得意」へ。(👈click)(12/18)

苦手科目は、苦手意識があって、それを克服しようと勉強することによって、それが、かえって得意科目になってしまうことがあります👍。証明が苦手でも、それを克服しようと、多くの演習に取り組むことによって、逆に得意になる可能性があると思っています。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

 

 

*証明問題ができた。(👈click)(12/16)

女子中学生から嫌われている証明問題👩。中2の生徒さんたちは、苦戦するかもしれませんが、中3になると不思議と解けるようになるもの。もちろん、解けるようになるためには努力が必要ですが、中学も3年生になってくれば「論理的思考力」が身についてきているもの。「証明問題ができない」とあきらめずに、「逆襲」に取り組んでみてはいかがしょうか?

 

 

あと1年あまり、どうしたらいいのでしょうか?(👈click)(12/15)

目標は進学校、受験まで残された時間が1年余りしかないのに、まだ基礎力が足りないという場合、どうしたらいいのか?なかなか特別な策というのは難しいのですが、目標・計画を立て、効率化を図り、しっかり努力することではないでしょうか? 

 

 

「動詞」が2つある英文。(👈click)(12/15)

主語が1つに対して、動詞が2つある英文を作っている生徒さんがいます。動詞がないのも困りますが、動詞が2つあるのも困ります(笑)。主語と動詞は1つずつ、そして、基本それを文の先に持ってくるようにする。そんなシンプルな考え方で、英文をつくることは簡単になります。 

 

 

勉強の目的は「やること」じゃないよ。(👈click)(12/14)

勉強をする上で、何を目標にするのかは、大変大事なことです❣ そこでですが、勉強時間をかけることや、決めた範囲をやることが、最終目的になっていませんか?勉強のゴールは、問題が解けるようになるため、できるようになるためですよね。なので、目指す最終ゴールは「やること」ではなく「結果を出すこと」のはずです。

 

 

 *ゴールはあくまで「定着」=「できる」こと。(👈click)(12/13)

理解すること、できるようになることは別のことです。ところが、これらを一緒に考えてしまう生徒さんがいるようです。そのような生徒さんは、やはり成績が伸び悩みます😣。目標を立てたら、それは、最終的には「できた」ことをゴールにする必要があります。

 

 

その時その時の目標を決めてやってみよう。(👈click)(12/12)

勉強を始めるときに、何をできるようにしようかとか、どこまでの範囲をやろうかとか、考えていますか❓そして、その時に立てた目標を意識して勉強する。目標を意識してやるのと、そうでないのとでは、定着度(どこまでできるようななったか)や、できた量にも違いが出てくるものです。 

 

 

 *絶対にあきらめてはいけません。(👈click)(12/11)

受験まで、もう2ヶ月しかありません。そこで、肝心な実力テストで結果が出ないと焦っているあなた、ここであきらめてはいけません。受験勉強のスタートが残念ながら遅かったのなら、まだ実力が上がってくるのは先になります。実力は簡単には伸びません。だからと言って、下を向いている暇はなく、できることを今やるしかありません。

 

 

静岡県民は朝が早いんです。(👈click)(12/10)

静岡県民は、早起きで、朝食の時間も早いことが、社会生活基本調査により判明しました🐓。何らかの事情があるのかもしれませんが、朝が早いということは、いい習慣だと思います。勉強ができる人に朝勉の割り合いが高いとも言われます。ぜひ、朝の早さを勉強にも利用してもらいたいと思います。

 

 

「動詞」のない英文。(おまけ  健康  風邪の咳)(👈click)(12/9)

 中学の英語のお話し。和文を英文に訳したときに、動詞が抜けてしまうことがありませんか?英文には、例外を抜かして、文の中に主語と動詞があります。ここを意識していないのか、多くの生徒が動詞のない文章をつくることがあります。英文は最初に主語と動詞が来るので、まず、ここをきっちり押さえておいた方がいいですね。

他、風邪が流行ってきましたので、「咳」の治療薬のお話し。

 

 

 

衝撃!塾に行っていれば安心なのか?(ブログまとめ)(👈click)(12/8)

2017年の小6と中3の「全国・学力学習状況調査」の結果をお示ししましたが、、塾に行っていれば成績が上がるとは言えない結果が出ています。マジかー😲 関連のブログをまとめています。よろしければ、ご確認をお願いします。 

 

 

塾に行っていれば安心なのか?3(👈click)(12/7)

今年の中学3年生の「全国・学力学習状況調査」の結果を見ても、塾に行っていれば成績が上がる、とはやはり言えないと思います😣。塾に行くことによって、「教えてもらえる」という安心感を得てしまい、自分でやらなければという危機感を失ってしまえば、逆にマイナスに作用すると思います。「塾に行っていれば安心か?2」のブログの補足です。

 

 

点数爆上げ!暗記大作戦。ブログまとめ(👈click)(12/6)

社会の単元テスト点数爆上げ💪「暗記大作戦」のブログをまとめました。定期テストのリベンジを直後の単元テストで行いました。結果から生徒さんの感想まで含め掲載しています。

 

 

もう時間がありません。(高校受験)(👈click)(12/6)

当塾では、内申を上げ、成績を上げて来ている生徒さんがいる反面、伸び悩んでいる生徒もいます。どうしても気になるのは伸び悩み組です😰 共通しているのは、どこかに「スキ」があるように感じられることです。今までよりもやっている、程度の考えは通用しません。皆もやっていますし、土壇場になると、とてつもない力を発揮する人もいます。もっと現実をみて焦ってください。

 

 

暗記大作戦。生徒さん感想(👈click)(12/5)

 社会の定期テストからのリベンジ、「暗記大作戦(👈click)ですが、レクチャーを受けていただいた生徒さんから感想をいただきました。ありがとうございました。お二人ともに、勉強方法の重要性をご指摘しています。よく「頑張れ頑張れ、結果が出なくても頑張ったからしょうがない」、なんて風潮もあるような気がしますが、勉強方法に疑問があれば、まずは、考えて正すことが必要なんだと思います。

 

 

暗記大作戦。報告3(👈click)(12/4)

定期テストのリベンジとして、2人の中学生の生徒さんに暗記方法を伝授した「暗記大作戦」。結果報告の3回目ですが、最後も飛びぬけた成果を出していただきました👍。今回は、その結果のまとめと、総括をさせていただきました。ただ一生懸命にやればいいというものではなく、どのような内容で努力をするのかが重要であることを証明できたのではと思っています。

 

  

塾に行っていれば安心なのか?2(👈click)(12/3)

今年の「全国・学力学習状況調査」の結果を見ると、塾に行っていれば成績が上がる、ということが言えないことがデータとして出てきました。なので成績を上げることを目的で塾に行くのであれば、塾に行けばいい、大きな塾、有名な塾ならなお安心、なんてこと言えるのでしょうか?この現実を受け止めて、それでは、どのように考え、どのように対処していったらいいのか、考えないわけにはいかないのでは?😰

 

 

塾に行っていれば安心なのか?(👈click)(12/2)

小学6年生を対象とした「全国・学力学習状況調査」によれば、学力と通塾率に相関が見られませんでした😲。つまり、塾に行っていれば勉強ができるようになる、というのは、このデータからは言えないことになります。なので、塾に通うのであれば、しっかりとした目的をもって入る必要があると思います。

 

 

暗記大作戦。報告2(👈click)(12/1)

社会の定期テストの結果が最悪💥。その直後に社会の単元テストがあったのですが、2名の生徒さんがそのリベンジを果たすべく、塾にて「暗記レクチャー」を受け、実践していただきました🔥 暗記大作戦、結果報告のその2です。2人目の生徒さんの結果のご紹介ですが、対策を立てたのが、2回にわけた単元テストの後半部分に対してで、あまり勉強にかけられる時間もなかったのですが・・。結果はみごとリベンジ成功!「やればできる」だけでなく「そのやり方」が大切なんだと思います。

 

 

みんながやってないからやらないの?(👈click)(11/30)

「それ、みんなやってますか?」という言葉、よく聞きますね👂。みんながやっていることが気になることはわかるのですが、自分のやるべきことは、みんながやっていること、ではありません。自分が目指す目標のために何をすべきかを考え、それを実行するのみではありませんか?みんながやってないから自分もやらないって、その発想はやばいですよ。

 

  

「相似」の証明から「合同」の証明へ。(👈click)(11/29)

3は「相似」をやっているか、終わったところだと思います。三角形の相似の問題というのは、案外、とっつきやすい問題もあり、合同問題よりもやりやすいという意見があります👍 ここで、証明問題の解答の文章をつくる練習をしっかりやっておけば、中2の時の合同でコケた人にとって、克服をするチャンスになると思っています。

 

 

暗記大作戦。報告1(👈click)(11/28)

先日お話しさせていただいた暗記大作戦。(👈click)のテスト結果が返ってきました。結果が判明しているのは、まだ一部分です。途中経過ですが、100点満点換算で定期テストから38点アップ🔥。勉強期間が1~2日だったことを考えれば、まずまずだったのではと思っています。教訓ですが、言われた通りに勉強した「素直さ」がひとつの勝因だったと思っています。

  

 

因果関係を理解していますか? (👈click)(11/27)

社会は、暗記することが多いのですが、すべてを覚えることはなかなか大変です。暗記の方法はありますが、無理な詰込みはキツイものがあります。社会の歴史だったら、時代の流れをつかみ、時間の前後や他の地域との関係性を理解する必要があります。苦手分野があるのなら、そのあたりも自覚できているのか確認しておく必要がありますね。

 

 

 暗記大作戦。(👈click)(11/26)

やっているのに結果が出ない。特定の教科についてですが、そんな問題の壁に当たっている生徒さんがいます。社会科で結果出ないのですが、単元テストがあるとのことで、緊急で対策をとることにしました。とりあえずですが、暗記の仕方について徹底を図りました。結果はまた後日に出ることになります。

 

 

 

定着させることを意識して、勉強してますか?(👈click)(11/25)

勉強しているつもりなのに成績が伸びない😰。そんな経験って誰でもあると思います。成績が伸びにくい教科はありますが、それにしても成果が上がってこないってこともあると思います。原因を考えなければ、それに対しての対策も立てられないので、同じ失敗を繰り返すことになります。まずは、自分で何が問題なのかを考えて解決しようと努力することが必要です。

 

 

当たり前のことを続けていますか?(👈click)(11/24)

「継続は力なり」と言いますが、それほど大変でないことでも、毎日継続できれば、それは大きな成果となるものです💪。毎日、大変なことでなくても、決めたことをちゃんとやり切るようにしていれば、それが、また習慣となり、普通に日課として定着してしまいます。そんな積み重ねが大事なんです。

 

 

思うような結果が出なかったら、原因を考えてみてくださいね。(👈click)(11/23)

勉強したつもりでも、思うような結果が出なかったことってありませんか?😣たまたまなら、まだいいのですが、それが繰り返し起こっているというような・・・。そんな場合ですが、原因について考えていますか?なぜ、できなかったのか?については、ちゃんと原因があるはずです。そこを見つけ出して、改善していかないと、まだ同じ失敗の繰り返しになります。同じことをしていれば、同じ結果が出てくるだけなんです。

 

 

基本が大事です。(👈click)(11/22)

何か上達させるためには、なにも特別なことをすることが重要なのではなく、まずは基本動作から入いり、それを徹底させることだと思います。それができて、初めて次のステップに進めるのではと思います。小学生もですが、特に中学生は、毎日の学校の授業を振り返ってみることは重要なです。地味な努力ですが、それが一番結果に結びつきやすいと思っています。

 

 

テストの点数が思うように伸びなかったあたなへ。(👈click)(11/21)

定期テストの結果が出てきています😅。健闘していただいた方々も多いのですが、思うような成果が得られなかった生徒さんもいます。それぞれの生徒さんにお話しを聞いてみると、問題点は様々だと思うのですが、やはり、勉強の習慣化ができているか、というのが大きなポイントかなと思います。そのためにすることはいくつか考えられると思いますが、その対策について、少し考えてみたいと思います。

  

 

得意だと思い込めば得意になる。(👈click)(11/20)

苦手科目は、苦手だと思い込むことで苦手になっていることがよくあります。その逆もしかりで、得意だと思い込んでいる科目は得意だったりします。自分自身に暗示がかかっているんですね。まあ、催眠術みたいなものです。塾生さんでも、苦手分野になるんじゃないと思われていた証明問題の分野が得意になりかけている人がいます。得意だと思い込むことは、強力な武器になるんだと思っています。

 

 

やるときゃやってる?(👈click)(11/19)

「やるときゃやる」という言葉があります。まさに、やる時はやらなければいけないと思います。ところが、案外、やる時にやってない人、多いんじゃないでしょうか?「やんないときゃやんない」人がいても、それ普通ですよね(笑)。でも「やる時にやんない」って・・。

  

  

一点集中の威力。(👈click)(11/18)

一点集中という言葉があります。これは、あれこれを手を出さずに一つのことに集中することで、実践することにより、大きな力を生み出します。しかし、いつも一点集中できる機会があるとは限りません。例えば、部活を捨てて勉強に絞るのは難しいでしょうし、5教科の勉強をしなければならないのに、1教科だけの勉強をするわけにはいきません。なので一点集中ができる機会があれば、それはぜひ活かしてもらいたいものです。 

 

 

「明日からやめる」では、やめられない。(👈click)(11/17)

「明日からやめよう」といつもの悪い習慣から抜け出そうとして決心しても、実際のところは失敗していませんか?勉強中のLINEの返信は明日から辞めよう、明日からしっかり勉強しよう、では大抵失敗していると思いますがいかがですか?心理学者のスタンフォード大学のマクゴニガル先生は、我慢しなくていいので、いつもより変化をつけることが効果的と指摘をしています。 

 

 

同じ勉強からは、同じテスト結果しか生まない。(👈click)(11/16)

前回のテストと同じテスト勉強をしていては、前回以上の成績を望むことはできません😣。同じことをやっら、同じ結果が出ることは普通のことです。前よりいい成績がとりたいのなら、どこを変えるべきかを考え、実行しなければいけませんね。 

 

 

伸びる生徒はどんな生徒か?(守破離の教え)(👈click)(11/15)

勉強ができる人は、もともと頭がいいからなのか?と考えている人はいると思います。しかし東大生を多数輩出している「鉄緑会」会長の冨田さんは、東大理Ⅲ合格者でも天才はいない、と言っています。それでは、成績を上げるために一番必要なものは、いったいなんだと思われますか?

 

 

できる人は頭がいいからか?(👈click)(11/14)

勉強ができる人は、もともと頭がいいからなのか?と考えている人はいると思います。しかし東大生を多数輩出している「鉄緑会」会長の冨田さんは、東大理Ⅲ合格者でも天才はいない、と言っています。それでは、成績を上げるために一番必要なものは、いったいなんだと思われますか? 

 

 

もう追い込みの時期です。(👈click)(11/13)

定期テストの時期なので、自習に来られている生徒さんが増えています。特に中3の意識が変わってきていると思います。それはそれでいいのですが、まだ本気モードでないのなら、もう気合を入れなければいけませんね。

 

 

勉強ができるための朝食。1(👈click)(11/12)

 食事の内容が簡素であることと、学力の低下とは相関がみられたアンケート結果があります🍴。食事が簡素になりがちというと、その傾向は朝食にありがちなのではないでしょうか?今や共働きの時代で、朝も忙しいはず。そんなときに、できるだけ食事を簡素にさせない工夫をするといいと思います。そんなご提案です。

 

 

目的を考えてノートをとっていますか?(👈click)(11/11)

授業でノートをとっているからには、そのための目的があるはずです。まさか、提出するから、そのために書いているってわけじゃありませんよね(>_<)。ノートをとる目的を見失わずにノートをとる必要があります。そうすれば、授業への取り組み方もおのずと変わってくるのではないでしょうか?

 

 

きれいなノートをつくれば高得点できるのか?(👈click)(11/10)

ノートをきれいにとろうとこだわる生徒さんがいます😢。このような生徒さんは結構いらっしゃるような気がします。ノートはきれいに書くこと、乱れないこと、カラフルであるべきなのでしょうか?ノートを何のためにとっているのかを考えれば、これらのことは重要なことではないのではないでしょうか?

 

 

健康と集中力の話し。(👈click)(11/9)

お魚を食べるのは、健康的と言われます。「勉強」という視点で考えてみると、何かメリット(利点)があるのでしょうか?お医者様がみているサイトを参考に、わたしなりに考察を加えて書き込みをさせていただきました。勉強の参考となること以外にも、健康のお役にたてればうれしいですね。

 

 

まとめて出される宿題はどのように片付けたらいいのか?(👈click)(11/8)

学校の宿題が自己学習の中心になっているあなたへ。学校の宿題が、自分の勉強のペースにあったものならいいのですが、一気にまとめて提出なんてこともあると思います。普段から復習をせずに、あとになってまとめてやってきた宿題を片付けようとすると、授業の内容をすっかり忘れてしまっていて、勉強に苦労するどころか、内容を理解するのが大変で、おまけに量も多いということで覚えきれないのではないでしょうか? 

 

 

スケジュール表をうまく使って。(👈click)(11/7)

中学生は、定期テストの時にはスケジュール表を作成して、学校に提出していると思います。スケジュールを立てることは大事なことですが、提出したものは活用されていますか👂?活用しないのであれば、スケジュール表を作る必要がありますね。さすがに二度手間です。今あるものをうまく工夫して自分のものとして活用できるようにしてくださいね。 

 

 

しっかりと準備することは、大変重要なことです。(👈click)(11/6)

🔔入試本番が近づいてきました。しっかり準備(勉強)をしておけば、本番当日に自信をもって試験を受けられるはずですし、また、大体の結果が予測できるかもしれません。試験の結果は、それまでの準備にかかっているといってもいいと思います。

 

 

定期テストの勉強を乗り切るために。2(👈click)(11/5)

中学生は定期テストの勉強中だと思います🔥 短期決戦のために必要な「集中」について取り上げました。同時通訳者の関谷さんは、集中するための工夫として、準備が大切と話されています。自分とは関係ないとは思わずに、まずは試してみられては。

 

 

定期テストの勉強を乗り切るために。1(👈click)(11/4)

中学生は定期テストの勉強中だと思います🔥 勉強は、計画通りに進んでいますか?えっ、計画はもう捨てた?なんじゃそりゃ?勉強を始める前に、作戦を考え、計画を立てるのが大事なのでは?弁護士の白川さんは、まず、勉強に取りかかる前に、「行程表」をつくるべきだと主張しています。行き当たりばったりは、もうやめにしませんか?

 

 

スマホを預けることにしました。(👈click)(11/3)

スマホ、テレビ、ゲームは、間違いなく時間泥棒です。やってはいけない、観てはいけない、とは思いませんが、娯楽(遊び)でやっているのなら、自分の中に使うルール、時間に制限をかけるルールを設ける必要があります。いつもスマホを肌身離さず持っていた生徒さんの意識が変わり始めました。うれしいサプライズです。スマホで時間をムダにしてしまっている人は、この生徒さんを参考にしてみませんか?

 

 

報告メールより(個人面談編)171102(👈click)(11/2)

当塾では、毎月の始めに個人面談を行っています。今回は、保護者さまへの授業の報告メールより、個人面談の内容をご紹介します。予習・復習のこと、受験勉強のことなど、面談の内容から、何か参考になることがあればうれしいです。

  

 

インフルエンザのお薬のお話し。(👈click)(11/1)

風邪を引いている生徒さんが増えてきています。また、インフルエンザの季節がまたやってきます。 

 

予防接種のワクチンのこと、期待されている新薬のことについて、書き込んでみました。インフルのお薬も、いろいろと「動き」があるようです。

 

 

自信をもててますか?(👈click)(10/31)

勉強に対して弱気な生徒さんがいます。わたしも、中1の時は、勉強に対して明るい展望などなく、いかに、これ以上、悪くならなくて済むかを考えていました。自信なんてありませんでした。しかし、結果を出すことで自信が生まれ上昇気流に乗れました。なので、一度、がんばって結果を出してみてくださいね。

 

 

フィーリングで勉強してない?(👈click)(10/30)

阪神タイガースの超一流投手である藤浪選手が、2軍落ちして苦戦しています。今まで、フィーリングで野球をやってきて、それがうまく行っていたようですが、今は、そのフィーリングが思い出せなくなってきたとのことです。金本監督は、その根拠や裏付けが必要と話されています。勉強についても、同じではないでしょうか?やっている勉強に根拠や裏付けをもてば、成績は必ず今よりもよくなってくるはずです。 

 

 

英語「分詞」と「受動態」の違い。(👈click)(10/29)

中3の英語は、最近「分詞」をやったところだと思います。分詞と受動態がどう違うのかよくわからない、というご意見をいただきました。簡単にですが解説をさせていただきました。 

 

 

わからないところは調べてね。(👈click)(10/28)

勉強は、基本的にわからないところは自分で調べてわかるようにしなければいけません。わからないことは自分で調べずに人に聞くという考えの人は、自分ひとりでは正しい勉強ができないので、学力が高くありません。誰かに聞くことは悪いことではなく、時に必要なことですが、基本的には、自分ひとりで勉強する時間が長いはずなので、自分で調べて解決することができなければいけません。

 

 

メール報告集 20171026 (👈click)(10/27)

授業終了後に保護者さまにお送りしている報告メールをそのまままとめました。10月26日分になります。何かのご参考になれば。

 

 

証明問題の季節がやってきます。(👈click)(10/26)

 図形の問題ができないのは、センスの問題ではありません。問題演習をしっかり積み重ねるとちゃんとできるようになるものです。問題をしっかり解くことが大切です。そんな図形も角度を求める問題から、証明問題まであります。中2も中3も証明問題に入っていく時期です。できないのを放っておくと、あとで大変な目にあいます。こちらも、とっつきやすい問題から入って、しっかり演習をこなしていくのが大切ですね。

 

 

 

教科書を丸写ししても意味がありません。(👈click)(10/25)

英語ですが、教科書の内容をノートに写すという宿題が出ているケースがあると思います。ノートを写すときですが、英語の成績を伸ばすために、何かを考えながら写していますか?何も考えずにただ書いているのであれば、それは無駄な「作業」です。そのような書き写すという「作業」も、無駄にしないよう考えて勉強をしてもらいたいと思っています。

 

 

 行動を早める工夫。(👈click)(10/24)

勉強を開始するまでに、時間がかかっていませんか?人は、情報や選択肢が多いと脳が迷ってしまい、行動を起こしにくくなると言われています。「いらない選択肢」は思い切って捨てることで、選択肢の数を減らし、早く行動(勉強)にとりかかれる態勢をつくってくださいね。

 

  

 *保護者様への報告メール(4)宿題の目的、テストの見直し(👈click)(10/23)

当塾では、授業が終わると保護者様に報告メールを送信しています。その中から、宿題の目的とテストの見直しをテーマにメッセージを書かせていただきました。

 

 

テストを受ければ成績が伸びる?(👈click)(10/22)

昨日、教英社の中学受験模擬テストを実施しました。そこでですが、生徒さんより「テストをたくさん受けると成績があがる」と言われました。残念ですが、ただ受けるだけでは、特にテストを受けたからと言って成績があがるものではありません。テストを受けるときには、その目的を明確にしておくことが大切だと思います。

 

 

数学は図を描くとわかることがあります。(👈click)(10/21)

数学・算数は、図を描くことができるのであれば、描いてみることによって、問題を理解しやすくなることが多いです。そして、図の中には、わかっていることを書き込んでいきます。答えが見つけやすくなります。

 

 

授業動画の利用法。(👈click)(10/20)

最強の勉強法は「自習」であるとお話しをしました。自習は「定着」を促すのに最も適しているからです。しかしながら、学校の授業であまり「講義」がされていない場合、「定着」の前にしなければいけない「理解」が抜けてしまうので注意しなければいけません。もちろん、自習で「理解」をすることはできるはずですが、それが難しい人は「動画」が使えるのでは?と思っています。 

 

 

最強の勉強法は何か?(👈click)(10/19) 

最も効果的な勉強法というのは何でしょうか?米国国立訓練研究所の報告によれば、「定着」させる勉強法は「人に教えること」という結果になっています。日常においては、人に教える機会は少ないと思います。では、どうしたら最も現実的かつ効果的な「定着」が計れるものなんでしょうか?

 

 

講義を聴いて実力がつくのか?(後編)(👈click)(10/18) 

学校の授業を聴いていたから、塾の講義をしっかり聴いていたから、動画の授業をたくさん聴いていたから、実力はつくものなのでしょうか?それらは、知識の「理解」をするのには、役立つと思います。そして、その授業の役割とは、「理解」までで終わります。点数が伸びないのは「理解」までで終わっているからではないでしょうか? 

 

 

講義を聴いて実力がつくのか?(前編)(👈click)(10/17) 

学校の授業を聴いていたから、塾の講義をしっかり聴いていたから、動画の授業をたくさん受けたから、実力はつくものなのでしょうか?理解をするのには、役立つと思います。そして、その授業の役割とは、「理解」までで終わります。

点数が伸びないのは「理解」までで終わっているからです。

 

 

保護者様への授業報告メール(3)計画・応用問題への対応など(👈click)(10/16)

当塾では、個別授業が終わりましたら、メールでその内容を報告しています。そのメールの一部のご紹介と、メッセージを書き込ませていただきました。何かのご参考になれば! 

 

 

計画倒れにならないで!(👈click)(10/15)

3の一部の塾生さんに、短期追い込み用のスケジュール作成のお手伝いをしています。半年を切る短い期間で、総復習+αをやろうという計画ですが、これをやるのには、最後までやり切るんだという、強い気持ちが必要です。3日坊主で終わる人が多数と言われますが、そんな落とし穴も最初にわかれば、乗り超えられるはずです。

 

 

教英社の中学入試模擬テストの実施予定について(👈click)(10/14)

静岡県の中学入試関連にて定評のある教英社の模擬試験を当塾について実施しています。対象は小学6年生のみです。データにて合格判定が数値で出ますので、入試を受けない方も今のご自分の位置を確認する意味でも、試しに受検されてみてはいかがでしょうか? 

 

 

ヤマを張らずに実力をつける。(👈click)(10/14)

テストで、ここ出そう、とのことで、その部分が出題されることを期待して、集中的してやることを「ヤマを張る」といいます。ヤマ感というやつです。そのヤマが当たれば、そのときはいいとしても、他の部分の勉強がしっかりできていないので、実力はつきません。なので、基本的にヤマを張る勉強の仕方はお勧めできません。

 

 

 通信簿の結果をバネにする。(👈click)(10/13)

あなたが、通信簿の結果に不満を持っているのであれば、まずは本当の実力をつけて、テストで証明することが必要です。「授業態度がいい」「前向きな姿勢がみられる」など、イメージ的な評価で「得」をする人もいます。しかし、それは、見る人によって評価は変わるものなので、基本は、しっかりとした実力をつけて評価の基盤を造ることです。入試のテストでは、イメージは関係ありません。

 

 

 *プレッシャーを「おいしい」と楽しむ。(👈click)(10/12)

プレッシャーに強いと言われているヤンキースの田中将大投手(マー君)。なぜ、そんなにプレッシャーに強いのか?多くの方がプレッシャーに弱いものだと思いますが、プレッシャーを「おいしい」と思える感覚があれば、勉強にも役立ってくるものではないでしょうか?

 

 

ある数学のノートより(授業終了報告メールより)(👈click)(10/11)

数学は「論理的思考」を鍛える教科だと言われています。数学ができるようになるためには、最後の答えばかりに注目せず、その考え方、式を立てた過程を重要視してほしいと思います。そのためには、そのためのノートの書き方、作りかたがあるんだと思っています。

 

 

失われた時は戻ってこない(中3)。(👈click)(10/10)

中学生にとっての時間の価値は、大人になってからの時間の価値とは違いがあると思っています。普通の人は、行く高校によって大きな流れが決まってくると思います。「学歴」なんかで人の価値は決まらないと思いますが、学歴を軽視するのは現実的ではありません。中3生に無駄な時間などありません。 

 

 

失われた時は戻ってこない。(👈click)(10/9)

ベンジャミン・フランクリンの、TIME IS MONEY=時は金なり、という言葉があります。このブログでのお話しは、時はお金より重要なもの、というお話しです。時間はお金では買えませんので。

 

 

勉強ができる人って勉強が好きなのか?(👈click)(10/8)

勉強ができる人は、勉強が好きで楽しんで趣味のようにやっているものなんでしょうか?わたしは、優秀な人たちを数多くしていますが、そんなことを言っていた人を一人も知りません。むしろ、ガマンして頑張ったという意見を聞きます。できる人は好きでやっているからというのは、勝手な幻想に過ぎず、現実はそんなもんじゃないんだと思っています。 

 

 

授業の復習のスケジュールの立て方。(👈click)(10/7)

学校の授業の復習は、その日のうちにするのがいいのです。ところが、1科目あたりの復習にかける時間を同じにすると、日によって勉強時間にばらつきが出てきます。ばらつき自体に問題はないのですが、負担の大きい日が出てくるかもしれませんね。そんな場合の解決法についてお話しをさせていただきました。

 

 

その日のうちに復習するのがいいんです。(👈click)(10/6)

学校の授業の復習は、その日のうちにするのがいいのです。ドイツの心理学者のエビングハウスによれば、人間は24時間で74%のことを忘れてしまうと指摘しています。なので、記憶に残っているうちに、早めに復習することが効果的です。

 

 

保護者様への授業報告メール集(2)(👈click)(10/5) 

 当塾では、授業が終わると、保護者様に授業内容の報告メールを送信しています。その一部をご紹介し、事例検討としてコメントを添えさせていただきました。何かご参考になることがあれば・・。

 

 

保護者様への授業報告メール集(1)(👈click)(10/4)

当塾では、授業が終わると、保護者様に授業内容の報告メールを送信しています。その一部をご紹介し、コメントを添えさせていただきました。何かご参考になることがあれば・・。

 

 

あなたに「喝」を入れさせてもらいます。(👈click)(10/3)

この入試の追い込み時期に、やる気がしないとか言っているようでは喝です。メンタルの弱さは成績に直結します。あなたに喝を入れますので、なにくそと奮起してくださいね。☝

 

 

仮眠のとり方について。(👈click)(10/2)

塾に眠そうな顔してくる生徒さんがいます。そして、なかなか立ち上がりが悪い?なぜだと思いますか?人間には体内時計があるのですが、リズムが狂うと生活のリズムまでが狂ってきます。勉強にも悪影響ですよ(泣)

 

 

*塾で成績を伸ばすには。(👈click)(10/1) 

 

塾に行っていれば、それで安心してしまい、自宅での学習をあまりやってない生徒さんがいるようです。塾でも勉強時間なんて、大した量じゃありません。その上、塾でやったからと言って、自宅での勉強量を減らされては、かえって成績が下がりかねません。

 

 

やる気が出ないとか言ってる場合?(👈click)(9/30)

やる気が出ないとはよく聞く言葉です。(当塾は無気力の生徒さんは、ご入塾相談の時にお断りをさせていただいています🚫)。やらなきゃいけない時に、やる気が起こらないと言ってやらないなんて、あってはならないことです。今の時期がどれだけ大切か考えてみて、即、行動に移してくださいね。 

 

 

ゴールを目指せ!(👈click)(9/29)

あなたが、何かを成し遂げようとするとき、目標を決めることは大切なことです。ここ抜けてしまっていませんか?大目標を達成させるためには、中短期の小目標を設定し、事を進めていくことがいいと思います。目指すべきゴールの姿が見えないと、突き進む方向がわからず、パワーも生み出しません(泣)

 

 

学力向上の要素とは。(👈click)(9/28)

勉強する上で押さえておくポイントがあります☝。「勉強方法」と「勉強時間」、そして「スピード」を意識して速くやること。これが大事なんだと思っています👍

 

 

「わかる」までじゃなく「できる」までやる。(👈click)(9/27)

問題をやっていて、模範解答をみて、「わかった!」で終わってしまっていませんか?それ「終わってます。」(泣)。わかった、というのは「理解」です。「理解」から「定着」に進まないとマスターしたことにはなりません。

「できる」までやることを強く意識してくださいね。 

 

 

あなたにとって勉強する理由はなんですか?(👈click)(9/26)

勉強する理由について、決まった答えがどこかに書いてあるわけではありません。でも自分自身で見つける努力をすることは大切です。理由があれば、それが「動機」となり、「やる気」にも結び付きます👍 

 

 

やる気がなくても始められる。(👈click)(9/25)

やる気がなくても、毎日勉強している人が普通にいます。なぜなら、習慣がついているので、勉強が苦にならないのです🌞。では、どのようにしたら勉強を始めやすくなるのか?そのあたりのことについて、お話ししたことを書きこみました。 

 

 

やる気が出ない???(👈click)(9/24)

やる気が出ないからやらない、というのはわかります。わたしも中1のときはそうでした(泣)。でも、やる気が出なくても、やっている人はいるんです。なぜ、やる気がない日でも勉強ができるのでしょうか?

 

 

宿題を出す側の心理。(👈click)(9/23)

学校の先生から宿題を出されていると思います。その宿題って、もちろん、なにか考えがあって出されているはずですよね。そこを考えることで、自分のすべきことが見えてくることあると思います。学校の宿題とは、自分ひとりに出されているものはないことに注意です。

 

 

わかり過ぎる問題はやらなくていいんだけれど・・・。(👈click)(9/22)

簡単だと思った問題はとばしてやってね、と言っているのですが、「不安」とのことで、それができない生徒さんがいます。全問正解のノートを作ってもそれは勉強にはなりません😣。応用問題が解けないことの方が心配だと思うのですが・・

 

 

「挑戦」と「無謀」とは違う。(👈click)(9/21) 

高い目標をもって「挑戦」するって、素晴らしいことだし、カッコいいですよね✌。しかし、高い目標をもっていながら、相当の努力をしてこないで、最後にあわてて勉強して受験してしまう人っているんです(>_<)。

まず、落ちます💣。「挑戦」と「無謀」とは全く違うものであることをまずご理解してくださいね。

 

 

競争倍率のマジック2(👈click)(9/20)

学校の競争率に関心が高いですね。先日のブログで話しましたが、倍率があがったと言っても、数字ほどのものではないことが多いんです。いい例が大学入試ですね。それは、なぜなのか?そんな疑問にお応えすべく理由を書き込んでみました。

 

 

部活について考える1(👈click)(9/19)

部活を熱心にやられていると思います。運動も勉強と同じで長時間やれば上達するものです。が、時間にはもちろん限りがあります。部活にばかり集中して勉強してないと、中3の部活が終わった時期に途方に暮れることになります。今、時間の使い方を考えないと、あとで取返しがつかなくなるかもしれませんよ。

(>_<)

 

 

競争倍率のマジック。(👈click)(9/18)

*受験の競争倍率って気になりますよね😰。倍率が高いとがっくりすると思います。確かに倍率が上がれば合格するのは難しくなるんでしょうね。だからと言って、倍率が高いことが、果たして、どの程度影響してくるもんなんでしょうか?

 

 

AI時代には文章読解力はどれほど必要か?(👈click)(9/17)

AI(人工知能)が社会を激変させると言われています。どんな未来になってしまうのか💥そして、多くの仕事をAIがするようになるとも言われています(10年後に塾はロボット先生が活躍しちゃうのか?😣)。そんな時代をいかに生き抜くかを考えておいたほうがいいかも?もしかしたら、AIの弱点である文章読解ができると役に立つのかもしれませんね。

 

 

もっと成績を上げるためには(4)(👈click)(9/16)

「やる気が出ないから勉強ができない」とは、よく聞く話しです。でも、ちょっと待ってください。いつもやる気がある人なんて、そんなにいるものでしょうか?やらなければいけないと思っていたら、後は「やる気」ではなく、習慣化することを考えてみてはいかがでしょうか

 

 

実力テストの見直し。(👈click)(9/15)

中学生も小学生もテストの見直し(答え合わせによる確認)が、もちろん必要です。ここでは、学力調査テストのような実力テストの見直しにどのような意味があるのかを書かせていただきました。実は、こっそり放置していませんか?実力テストの見直しは、実はいい復習になるのです。

 

 

もっと成績を上げるためには(3)(👈click)(9/14)

今回のテーマは、「学習の3ステップ」です。問題を解いてみて、できなかったところは模範解答を見ますが、理解できると、そこで辞めてしまう生徒さんが結構います😣。わかったで終わらず、できるまでやることが大切です。

 

 

もっと成績を上げるためには(2)(👈click)(9/13)

成績を今よりもっともっと上げたいのであれば、自分から考えることをあきらめてはいけません。また、学力を向上させるためには、勉強の質とか量が必要だと言われています。実際のところ、この意味って、特に「質」ってわかりにくくないですか❓大切なものについては、整理しておき、それぞれを意識することが必要だと思います。

 

 

深夜のスマホにはご注意くださいね。(👈click)(9/12)

特に中学生(特に高学年になるほど)ですが、スマートフォン📱を持っている生徒さんの割合が多いようですね。深夜に使っている生徒さんも結構いるんじゃないでしょうか?気をつけないと「悪循環」を引き起こすことになると思いますよ😣 

 

 

 もっと成績を上げるためには(1)(👈click)(9/11) 

 「成績を上げるためには」というテーマで授業を行います。その内容について少しずつ、お話ししていきますね(笑)。まずは、考えることが大事だとお話ししていますが、何をどう考えたらいいのか?大きなテーマですが、入口の部分でもあり、重要なことだと思っています。

 

 

わかりすぎる問題も解かなくていいよ。(👈click)(9/10)

 わかる問題は、何題解いたところで、成績には結びつきません😣。当たり前のようですが、中学生では、まだ迷っている生徒さんが多いですね。今回の中1数学のチャレンジテスト、テスト勉強だからと言って、それ隅から解いていくんですか?

 

 

 特別授業「成績を上げるためには」9月23日実施(👈click)(9/10) 

成績を上げたいのなら、勉強がもっとできるようになるためには、どうしたらいいのでしょうか塾生さん、夏期講習へご参加の生徒さんを対象に、「成績を上げるためには」をテーマに、特別授業を開催することにしました。

 

 

もっと勉強ができるために、まず必要なこと。(👈click)(9/9)

勉強が、今よりももっともっとできるようになるためにはどうしたらいいのか?あまり考えていない人は、考えなければできるようになんてなりませんよ😣。方法も大事ですが、自分自身で考えないと、勉強方法は身に付きませんよ。いたたたた。

 

 

あなたへのメール(時間がありません)(👈click)(9/8)

「やる気」が出ない、どうしたら「やる気」出るんだろう、などと言っている時間はもうなくなりました💥。今、開始しなければ手遅れになることが見えていますが、自分では気が付いていないようですね(泣)。ゆでガエル🐸になりますよ。もう言い訳タイムは終了です。すぐに開始してくださいね。 

 

 

最後まで気を抜いちゃダメ。(👈click)(9/7)

定期テストの勉強も(表面上は)一通り終わり安心してしまい、気がゆるんでツメが甘くなると思わぬ結果を招きやすくなります💥。「できる」人は、だいたい経験してきていると思います。これでもか、これでもかと、しつこく念を押すくらい勢いがほしいですね🔥

 

 

あなた(中1)への報告メールです 20170906(👈click)(9/6)

当塾では、授業終了後に保護者さまに報告メール📩を送っているのですが・・・、もしも、生徒さんに送るとしたらという、実際には「送っていない」内容のメールを想像して「作文」してみました。変かもしれませんが、よろしければ(笑) 🐵

 

 

油断大敵です(スケジュールのわな)(👈click)(9/5)

テスト勉強をするにあたって、計画(スケジュール)を立てることは必要なことです。計画通りに進み、一通り勉強をやり終えたところで、スキが生じやすくなります。ここで油断をすると思わぬ結果を招きかねませんよ(>_<) 

 

 

テスト後の振り返りはしていますか?(👈click)(9/4)内容更新

学校では、もちろんですが、テストがあります。テストが終わるとひと安心😌、そこで、完全に息を抜いてしまってませんか?まだ、「事後処理」が残っています。間違いのやり直しも大事ですが、どんなテスト勉強をしてきたのか、振り返って改善点をみつけていかなければいけませんね❕

 

 

思っていたより点が伸びなかったというあなたへ。(👈click)(9/3)

定期テストが終わりました。現時点では、状況がまだよくわかりませんが、喜んでいる人(^^)/、イマイチそうな人👸いますね。みなに言えることですが、特にイマイチだった人は、テストの反省をしっかりやるべきです。これ、多数の人がやってないという印象ですが、大事ですよ。

 

 

あなたのゴールはどこにありますか?(👈click)(9/2)

やることが目的化してしまっている生徒さんがいるように思えます。勉強する目的が「勉強すること」では決してないはずです。その先にある「ゴール」を見すえ、「ゴールへの意識」を高めてほしいと思います。

 

 

計画通りにできてます(保護者さま宛てのメールより)(👈click)(9/1)

 

これまで、計画を立て、それをその通りに実行することにあまり縁のなかった生徒さんが、意識をして実行しています👍。計画は短期のものですが、遅れが出てきても、ばん回して追いついています。テストは9月5日ですが、なんらかの成果が出てくることを期待します。

  

  

 *「やさしい」「わかりやすい」説明って・・・(👈click)(8/31)

教え方についてですが、相手にあった教え方をすることって、重要だと思います。雑でいいことってあまりないとは思いますが、相手の理解力によって説明の仕方は「調節」していかないといけないと思うんです。😌 

 

  

 *やることが目的化してしまってませんか?(保護者さまへのメールより)(👈click)(8/30)

勉強は、目的があるからやっているはずです。なのに、目的が「勉強をすること」になってしまっていませんか😰?これをよく「手段が目的化している」と言います。それでは、せっかくの勉強は無駄になってしまうと思っています。

 

 

夏期講習:こんな生徒さんが来られています(8)(👈click)(8/29) 

夏期講習に来られている生徒さんの8人目のご紹介です👸。これで、ご紹介は最後になります。実は、先週で夏期講習を終えてご入塾を決められました。いま来られてる方々は、他塾や予備校に通っている(通われていた)方が多いんです。あなたにとって実りある夏期講習になっていれば、大変うれしいです(^^)/ 

 

 

夏期講習:こんな生徒さんが来られています(7)(👈click)(8/28)

夏期講習に来られている生徒さんの7人目のご紹介です。今回は、講習と同時にご入塾された生徒さんにご登場いただきました。まだ来られて1か月ですが、すでに十分な貫禄があります(笑) 

 

 

 最近の出来事 20170827(👈click)(8/27)

 最近の出来事についての記載です。くだらない記載が含まれていますので、閲覧は自己責任でお願いします(笑)

 

 

夏期講習:こんな生徒さんが来られています(6)(👈click)(8/26)

夏期講習にはいろんな生徒さんが来られています。今回も中2の生徒さんのご紹介です。塾を楽しんでもらえると、こちらとしてもなんかうれしいですね。最初から、「夏期講習限定」とのこと。最後まで、楽しんでください👍

 

 

最近の出来事 20170825(👈click)(8/25)

最近の出来事について書き込ませていただきました。勉強の役には立たないと思いますので、お忙しい方は読まないことをお勧めします(笑) 

 

 

  夏期講習:こんな生徒さんが来られています(5)(👈click)(8/24)  

当塾の夏期講習への参加を希望されて来られている生徒さんたちのご紹介です。中2の生徒さん(男子)ですが、とにかく威勢がいいんです。わたしは彼のことを「快人」と呼んでいます。この快人くん、はっきり言ってネタが多すぎます(笑)。その勢いで、夏期講習でしっかりと成果をゲットしてくださいね👍。 

 

 

ちょっと気になったこと(授業開始までの時間の使い方)(👈click)(8/24)

塾に到着してから、授業までの時間をヒマそうにしている人、ぼーっとしている人がいます😱。そのわきで、早めにきて勉強を始めている生徒さんもいます。無駄に時間をつぶしている人は、やっている人が隣にいて、何か感じるものはございませんか? 塾へは、今日は〇〇をやり遂げるなどの目的をもって来られることが大切だと思います。

 

 

わからない問題を簡単にあきらめてはいけない。(👈click)(8/23)

わからない問題に直面し、あきらめかけていた塾生がいました。ノートに英文が2行しか書いていないので「あやしい」と思ったら・・・ 

 

 

 *「どうしたらもっと勉強ができるようになるんだろう?」(👈click)(8/22)

塾生へのメッセージです。成績を上げたい💪と本気で思っていますか?本気であれば、どうしたらもっと成績を伸ばせるのかを自分で考えるはずです。これを考えないと、せっかくのアドバイスも実行する意味がわからず、やらなくなります。あなたは、そんな状態になってはいませんか? 

 

 

* 夏期講習:こんな生徒さんが来られています(4)(👈click)(8/21) 

当塾の夏期講習への参加を希望されて来られている生徒さんたちのご紹介です。中2の生徒さんですが、市内の「有名中学校」に通われています。学校が「独自のスタイル」で授業を進めているので、基礎の部分に「穴」を開けないように注意しなければいけません。勉強方法する姿勢は👍です。当塾に新風を巻き起こしてくださいね(笑) 

 

 

同じ失敗を繰り返してはいけない。(塾生向け)(👈click)(8/20)

塾生向けメッセージです。失敗することは、成功するために必要ことだと思います。失敗することから成功のための教訓が得られるからです。同じ失敗を繰り返していては、失敗をする意味がありません🐵。今回の定期テストですが、前回失敗した人は、前回を振り返り、二の舞を踏んではいけません。

 

 

自制できるということ。(👈click)(8/19)

自分で自分をコントロール(自制)できると、大きな成果に結びつきやすくなります💪。集中力も発揮できるようになります。保護者さまからのメールをご紹介させていただき、その成長過程について記載をさせていただきました。 

 

 

漢字にカナを振る意味。(👈click)(8/18)

漢字の練習に書き取り帳を使っている人は多いと思います。あまりにもよく使われていますが、わたしは別にそんなにこだわって使う必要はないと思っています。また、マスがあれば、漢字でもフリガナでもとにかく埋めようというのもどうかと思います。何のための書き取りなのか?それを考えながら練習することが大切なのではないでしょうか?

 

 

 *人がやらないときにやる。(👈click)(8/17) 

成功する人は、間違いなく努力をしていると言われます。勉強もしかりです😌。夏休みに明けに定期テストがあれば、この時間をしっかりと利用すべきです。これまでのリベンジ、苦手科目克服のチャンスです。時間はまだたくさんあるのではなく、逆転にはもうわずかな時間しか残ってないのです。 

 

 

 * 夏期講習:こんな生徒さんが来られています(3)(👈click)(8/16)

当塾夏期講習に外部より来られている方々のご紹介をさせていただきます。第三弾として、中学1年生の生徒さんのご紹介です。大変、さわやかで前向きです👍 質問は積極的、変に恥ずかしがらずに聞いてくる姿勢は塾生さんも見習ってくださいね。この夏期講習を目いっぱい「楽しんで」いただければ!と思っています。 

 

 

* 夏期講習:こんな生徒さんが来られています(2)(👈click)(8/15)

  当塾夏期講習に外部より来られている方々のご紹介をさせていただきます。第二弾として、小学6年生です。お兄さんが当塾生ですが、自分から塾に行くことを志願して来られました。積極的ですね👍。2コマ連続もしっかりこなしてみせました。

 

 

* 夏期講習:こんな生徒さんが来られています(1)(👈click)(8/14)

 *当塾夏期講習に外部より来られている方々のご紹介をさせていただきます。まず、第一弾として、小学生から。「日本代表」のユニフォームに身をまとい、高速で書き書きし、問題という敵をやっつけます。このスピード、そして、授業が終わっても問題が解けるまで帰らない!このメンタル。とてもいいですね👍

 

 

「できない」と思って勉強してはいけない。(👈click)(8/13)

自分のことを、「勉強ができない、自分はダメだ」と思いながら勉強してる人いませんか😣?それでは、せっかく勉強していても、その効果は半減してしまいます。また、「自分はできる」と思っていれば、不思議なパワーが出てきて、問題が解けてしまうことだってあると思います。なので、やる以上は、自分はダメだという「負け犬根性」は捨てて、しっかりと前を向いてくださいね。 

 

 

「みはじ」の副作用。(👈click)(8/12)

「道のり・速さ・時間」の関係を図にして「あてはめ算」として利用されている「みはじ」。簡単、便利なので、この公式を使っている生徒さんを見ますが、これを使っている生徒さんは、その分考えることをしていないため、「割合」の問題に弱い傾向があると感じています💥。いったい、何のための算数、数学なのか?このような「公式」は安易に使うべきではないと思っています。

 

 

ドリルへの無理な書き込み。(👈click)(8/11)

小学生の算数ドリルですが、書き込んでやっていますか💥 狭いスペースに無理に書き込んではいませんか?ごちゃごちゃと書いていて、何をかいているか、わけがわからなくなることはありませんか?無理に直接書き込む必要などないと思いますよ。

 

 

「だからそれができないんだよ!」と叫んでいるあなたへ。(👈click)(8/10)

やる気を出ないからできない、という話は山ほど聞いています。でも、「やる」ためのポイントはそこなのでしょうか?まずは始めることからですが、そのハードルを乗り越えることも重要なポイントだと思います。 

 

 

漢字は普段から使っていますか?(👈click)(8/9)

小学生も中学生も、普段から漢字を書くように心がけていますか?机に向かって漢字の練習をしていても、日常でひらがなやカタカナで書いていては、折角、勉強した漢字も忘れてしまうのではないでしょうか?普段から漢字を使うことが、最大の漢字の練習になるのではないでしょうか? 

 

 

 *英単語は覚えられていますか?(👈click)(8/8)

英語の基本は英単語・熟語です。基本というか、これがなければ始まらないといってもいいくらい大事なものです。他塾をやめて、当塾夏期講習に来られた「快人」くん、いままで単語大苦戦でした。今、失ったときを取り戻そうとしています。さて、英語のテストの点数が何倍になるのか楽しみです(笑)

 

 

「でも」という口グセ。(👈click)(8/7)

「でも」「だって」「どうせ」という言葉、その頭文字をとって3Dって呼ばれています💥。イメージがよくない言葉ですが、ついつい使ってしまってはいませんか?相手へのイメージ、自分自身へのマイナスな自己暗示はもちろん勉強においても影響があると思います。クセになっている人は、他人から突っ込みを入れてもらって直してくださいね(笑) 

 

 

過去問神話にだまされるな.(👈click)(8/6)

学力調査テストの時期が近くなってきました🔔。「過去問」のプリントをやっている生徒さんがいますが、ちょっと待ってください。その「過去問」、自分の身の丈に合ったサイズになっていますか?ここがわかってないと、ただの時間つぶしにしかならないかもしれませんよ。

 

 

夏期講習2017 第2部8月16日スタート 若干名募集(👈click)(8/5)

🔔夏期集中特別講習=夏期講習2017第2部(後半部門)の生徒を若干名募集します。夏休みということもあり、中学生は定期試験対策を攻めます。理科、社会も、攻略法を教え、それができているのかを塾内で直接確認していきます。

小学生は言うまでもなく、グイグイ伸びていただきます。

 

 

わかる問題をたくさん解いても実力はつかない。(👈click)(8/5)

わかる問題、わかりすぎる問題を何題解いても実力はつきません😩。わたしは、中学のときにそのことをよく知らずに、遠回りをしました。できるようになれば、問題のレベルは少しずつ上げていかなければいけません。 

 

当塾のジーター元選手の事例より。

 

 

保護者様へのメールより事例紹介(中3、夏休み受験対策、定期試験対策)(👈click)(8/4)

当塾では、毎月定期的に生徒さんと1対1での個人面談を実施しています。今月は、夏休みで夏期講習期間中でもあり、中3生とどのような対策を立てていくかを話し合いました。保護者様あての授業終了報告メールの内容をご紹介しながら、事例報告をさせていただきます。

 

 

本を閉じるのは、やるべきことを終わってから(保護者さまとのやりとりから)(👈click)(8/3)

時間がないからとか、もう疲れたから‥、などと言って、答え合わせもせずに、あるいは、なぜ間違えたのか考えもせずに、本を閉じてしまっていませんか?小学生も中学生もです。それでは、成績は伸びませんね。

 

 

模範解答を確認してなかった1例報告。(👈click)(8/2)

先のブログ「模範解答はよく見といてよ」の1例報告です。答えだけをみて、解き方をみていないと、気が付かないポイントです。数学には、同様のケースが多く、問題の解き方を学ぶという施設が大事だと思っています。

 

 

今までとちがうことをして成功している1例。(👈click)(8/1)

今までやっていないことをやってみて、勉強の習慣をつけられるようになりそうな生徒さんがいます👍 

キッチンタイマーを使って、勉強時間の最低ノルマを作ってやっています。今のところは順調に進んでいるようです。 

 

 

 エアコンの「風邪」にはご注意を!(👈click)(7/31)

健康に関するお話しです。注意喚起です。塾では、ひそかに風邪を引いている生徒が複数います。

エアコンの風邪にあたりすぎていませんか?ご注意くださいね。

 

 

夏期講習 空席状況 (👈click)(7/31) 更新

 夏期講習の空席状況についてのお知らせです。内容更新しました。よろしくお願いします🙇

 

 

新しいことにチャレンジできてますか?(👈click)(7/30)

 勉強ができる人は、知識欲が強い傾向があります。そして、今までやったことがないこと、新しいことに対して、やってみようという気持ちが強いものです。自分が今、そうでない状況ならば、

ちょっとそんな習慣をマネしてみてはいかがでしょうか?

 

 

間違った原因を考えていますか?(👈click)(7/29)

問題を解いて間違っていたら、その後、どうしていますか?なぜ間違えたのかをどこまで考えていますか?あまり考えてないというあなた、気を付けないと、せっかく問題を解いた苦労も水の泡になっちゃいますよ。

 

 

英単語は覚え方と気合。(👈click)(7/28)

英単語を覚えるのが苦手という声をよく聞きます。得意でないというあなたは、覚え方に問題があるのかもしれません。そして、もうひとつ必要なのが気合です。弱い気持ちではたくさんの単語を覚えることはできません。

 

 

人に教えると勉強になる。(👈click)(7/27)

人に勉強を教えることは、定着を計るうえで、いいトレーニングになります。「ラーニングピラミッド」においても、もっとも定着を計る有効な手段は、「他の人に教える」とされています👍

「国語力」を試す意味でも、「人に勉強を教えてみる」ことをされてみてはいかがでしょうか?

  

 

 ケアレスミスをどうやって減らせばいいのか。(👈click)(7/26)

数学のケアレスミスが多い生徒さんがいます。ご本人も気になっていると思います😣。しかし、難問と言われるような問題は解いていますので、数学の底力は持っています。あとは、ケアレスミスをなんとかしたいですね。やるべきことをやればなんとかなるんじゃないの👍(笑)

 


弱気になっていては問題は解けない。(👈click)(7/25)

夏期講習のシーズンに入りました。そんな中、英語の問題を解いている生徒さんが、しめぼったい顔をしています。苦手意識から来ているのかもしれません。そんな顔してちゃ、できる問題もできなくなっちゃうよ。これホントの話しだよ。

 

 

 *確かな方法で努力すれば実を結ぶ。(👈click)(7/24)

当塾の小学生が大健闘していることは、過去のブログでもご紹介の通りです。その中でも、新しいことにも積極的に取り組み、素直に地道に努力をして成績をぐいぐい伸ばしてきている生徒さんがいます。ここで健闘をたたえたいと思います🏆

 

 

あなたが主役なんです。(👈click)(7/23)

夏休みのシーズンです。なにか目標を持っていますか?目的をもって何かをやりきることが、後の満足につながります。後悔はしたくないものですね。塾に通っているのなら、塾に頼るのではなく、うまく利用してほしいと思っています。夏期講習も目的をもって受講してくださいね👍 

 

 

やらなきゃいけないとは思っているんだけど・・・(👈click)(7/22)

塾生さんの保護者様とのやりとりがありましたので、ご紹介させていただきます。生徒さんとの個人面談で、目標設定をしました。志望校も決まりましたが、なかなか勉強が始められないとのこと。今まで習慣がなかったから、もちろん始めるのは簡単ではないと思います。

まずは、勉強を始められるよう、考え、工夫することが大切だと思います。

 

 

 模範解答はよく見といてよ。(👈click)(7/21)

多くの生徒は、〇をつけることが大好きです。それがいけないとは言いませんが、模範解答に書いてある内容を見落としてませんか?そこには、多くの「技」が隠されています。また、自分のやり方が間違っていることもあります。甘~い自己採点〇にはご注意を

 

 

  *1Pノートについて(👈click)(7/20)

近隣の中学校では、数学の宿題として「1Pノート」を出されています。1日1ページなんでもいいからやる、っていう宿題なんですが、工夫があって面白いと思います。塾としても助かっています(笑)。

 

 

中2のあなたへ、進路は決まっていますか?(👈click)(7/19)

中2のあなたは、進路をちゃんと決めていますか?なかなか決まらない人いますよね😣。目標が定まらなくて、勉強に身が入りますか?勉強はやることが目的ではなく、将来のためにやることが目的なはずですよね。

 

 

*「みはじ」について(👈click)(7/18)

 算数、数学でどこからともなく教えられる「みはじ」。他にも、類似した「くもわ」とか、他にも種類があります。便利な公式です。しかし、算数や数学を学ぶことの意味を考えたとき、これらの公式はいったいどんな意味を持つのでしょうか

 

 

夏期集中特別講習Vol.1 こんな人が予約してます。(7/17) 

 夏期講習を予約されている方のご紹介です。 

 

 

一流に触れる。(👈click)(7/17)

 スポーツ選手など、一流の人やものを見たり、触れたりすることで、自分を高められたらいいですね👍。こういうことは、勉強のみならず、いろんなことに好影響を与えるものだと思っています。

 

 

ゾーンに入る(👈click)(7/16)

 スポーツ選手は凄まじい集中力を発揮して試合に挑んでいるものです🎾。そんな超集中状態のことを「ゾーンに入る」といいます。勉強においても、ゾーンに入っている時間が長いほど、成果をあげられるものだと確信しています。

 

 

夏期集中特別講習Vol.1、予約状況(2017年7月15日現在)(👈click)(7/15)

夏期講習の現時点での予約状況です。よろしければ、関心のある方のみ、お読みくださいね。

 

 

結果オーライじゃないよ。(中1数学:問題解説)。(👈click)(7/15)

数学の問題でたまたま答えが一致していた例をご紹介します。+と-の符号を2回間違えると、符号が結果的に一致することがあります💥。1回目の間違いで、+と-は逆になりますが、2回目の間違いで、またひっくりかえって、元に戻るからです。答え合わせも、答えだけ見ずに解説をよく見て注意することが必要です。 

 

   

 小学生軍団が絶好調!(👈click)(7/14)

小学生軍団が絶好調、毎日が土用の丑の日のごとく、成績がウナギ上りです(笑)🚀。やっぱり地道な努力って大事ですよね。当塾の自慢話になりますので、気分を悪くされそうな方は、ぜひ読まないようにお願いします(笑)

 

 

やっているのになぜ・・・?(👈click) (7/13) 

勉強しているのに、思うような成果が出せていない中学生の生徒さんがいます😣

本当によく努力しているんです。原因をしっかり分析しなければいけません。

改善のポイントはひとつとは限りません。

 

 

夏休みは苦手克服のチャンスです!(👈click) (7/12)

いよいよ夏休みです(^^)/。長期の休みなので、時間をムダにせず、有意義に過ごしてほしいものです。「やること」リストをつくり、その中でも、苦手科目(分野)対策に力をいれるといいと

思います。苦手な科目が、最大の得意科目となるように。 

 

 

とめ、はね、はらい、には気を付けて。(👈click) (7/11)

小学校の漢字の「とめ、はね、はらい」ですが、以前のブログでテキトーでいいのかと、自分なりに意見をのべさせていただきました。小学校によっても、学校の先生によっても、考え方は違っているようですね。当塾では、「きっちり派」の方針で進めさせていただいています👍。 

 

 

志望校と友達は関係ないよ。(👈click) (7/10)

志望校を決めるのに、将来のこと、現実的には、就きたい職業のことを考えるのが、ポイントになってくるものではないでしょうか?大体の人はそんな考えだと思いますが、中には、・・・な理由で決めている生徒さんもいます。う~ん、ちょっと心配😰

 

 

*わからない単語は、ほっとかないで。(👈クリック)(7/9)

わからない単語は、そのまま放っておいてはいけません✖。わからない単語も積もれば山となります(泣)。わからない単語は、見つければ、その度に確実に退治しましょう。

やっつけないと「かい~」目にあいます(笑)ちょっとたとえが痛いかも、あた~ 

 

 

スゴすぎる小学生がいます。(👈クリック)(7/8)

またまた快挙です!小学校低学年のときに、勉強を投げ出した少年が、小6の今、奇跡のカムバックを果たそうとしています。まさに不死鳥=フェニックス🐦です。こんな小学生がいるということを、ぜひ、あなたのはげみにしてほしいと思います。あきらめちゃダメですよ、あきらめちゃ!

 

 

学校の授業が大事です。(👈クリック)(7/7)

学校の授業を大切にしていますか?成績をあげたい☝のなら、人よりも、賢い勉強方法で、十分な勉強時間を確保していかなければいけません。長い時間を過ごしている学校の授業をうまく利用して勉強することが効率的ではないでしょうか? 

 

 

得意科目ができると自信になる。(👈クリック)(7/6)

得意科目も苦手科目もない、希少なタイプの塾生さんがいます。その生徒さんは、最近、数学の力がメキメキとついてきて自信を持ちだしたと思います。そして超が100個💥ぐらいつく苦手な英単語の小テストで「高得点」をしました。それでも満足していません。

明らかに、いろんな変化を見せています。👏

 

 

最近のできごと20170705(👈クリック)(7/5) 

塾での最近のできごとについて書かせていただきました。つまらない内容が含まれていますので、お忙しい方は、見ない🙈ことをおすすめします(笑) 

 

 

自分から行動できないのなら・・・(👈クリック)(7/4)

人には、自分から燃えられる自燃性、他人の影響を受けて燃える可燃性、言われてもなにもしない不燃性、に分けられると言います🔥。可燃性なら可燃性なりの工夫をすればいいと思います。自分を燃えさせてもらえるような工夫ができればいいと思いませんか? 

 

 

いらない式を書くのは間違いのもとだよ。(👈クリック)(7/3)

数学で、いらない式を書いて問題を複雑にすることは、間違いのもとです。何事も基本に立ち返って、振り返りをしてみることは重要です。また、問題を複雑にしない、「シンプルイズベスト」という考え方も時に必要なのではないでしょうか? 

 

 

自分から行動できる人は10人中1人しかいない。(👈クリック)(7/2)

*人には、自分から燃えられる自燃性🔥🔥、他人の影響を受けて燃える可燃性🔥、言われてもなにもしない不燃性😰、に分けられると言います。自分は、自燃性じゃないからダメだとお考えのあなた、ご安心ください。刺激を受けて、しっかりやればいいんですから(笑)

 

 

 部活をかんばっている中3のあなたへ(👈クリック)(7/1)

 部活に集中してがんばってきた中3のあなたへ。がんばってきたことはいいことだと思います。でも、勉強しないでやってきたのなら、ばん回することは、大変なことです😣。本気でばん回するのなら、早めのスタートを切ることをおすすめします。

 

 

 数学は答え見ながら解いちゃだめだよ!(👈クリック)(6/30)

数学の問題の解き方ですが、どこか気を付けているところってありますか?答えを写しながらやっているんですか?赤ペンで答え写して終わってるんですか?やり方を変えるだけで、違う結果がでるかもしれませんよ。👍

 

 

*「単語テスト、合格したよ。」と言いたい人へ。(👈クリック)(6/29)

英単語が苦手😣な生徒さんがいるのですが、そんな生徒さんでも、短期のうちに単語のテストで合格点をとりました。苦手教科や分野があっても、自分に「できるんだ」とおまじないをかけて、やってみてください。大丈夫、意外となんかなるもんですよ。

 

 

単語テスト、合格したよ。(👈クリック)(6/28) 

 またまた、快挙です👍。最近入塾した英単語がめっちゃ苦手な女子中学生が、単語テストで初合格しました。「無理無理無理・・・・・・・」。絶対無理宣言していたのに、学校の単語テストで早速「初合格!」。希望の光が見えてきたかな?

大きな自信になったと思います。🎉

 

 

 答えが合っていればいいってもんじゃないのよ。(👈クリック)(6/27)
答えさえあっていればいいって考えかたは、ちょっと違ってませんか?

大事なのは、考え方が正しいかどうかではないでしょうか。ここ大事ですよね?

特に数学は、「合理性」を学ぶ教科でもあります。合理性って、簡単にいうと「楽する」ってことですよね(かなり飛んでますが(焦))。「めんどうくさい」やり方じゃなくって、もっと楽しましょうよ楽を~

 

 

集中力の流儀8 習慣編 椅子に座る姿勢(👈クリック) (6/26)

集中力を発揮するのには姿勢も大事です。塾内でも、姿勢が悪く、集中できていない生徒さんがいます。なかなか直らない生徒さんには、〇〇療法⚡をすると伝えてあります(笑)。

集中できる姿勢をわかりやすくまとめました。ご参考になれば!

 

 

 最近のできごとー2017年6月25日(👈クリック)(6/25) 

 最近のできごとについて記載しています。入塾のご相談👂は、「勉強方法」を知りたいというご意見が多いですね。

お役に立てない内容もありますので、読まれる方は自己責任で(笑)

 

 

地理も教えることはできるんですが…(👈クリック)(6/24)

当塾の社会科の授業に関してのご説明をしています。🌏社会もお教えすることはできるのですが、基本的に、学校の授業をしっかり受けて、復習をやり、自分でいろいろと調べたりしていれば、できるようになる科目だと思っています。もちろん、問題演習も必要です。そして、もうひとつのポイントは…。テスト対策としては、今でも各生徒に対して、やり方を指導しています。 

 

 

 最近のできごとー2017年6月23日(👈クリック)(6/23)

塾での最近の出来事について書かせていただきました。読んでも成績は上がりません😲ので、お忙しい方は、ぜひ見ないようにお願いしますね(笑)

 

 

原因がわかってればいいよ。(👈クリック)(6/22)

テストの結果が出ました。点数が悪かったと残念がっている人いますね😣。原因があっての結果のはず。原因をしっかり見極めることが大切なのではないでしょうか?

案外、ここって軽視されてますよね。まさに、ここは塾としても腕の見せ所です.

 

 

小学生:漢字の「とめ・はね・はらい」当塾の方針。(👈クリック)(6/21)

内容はやや大人向けかも。

漢字の「基準」ですが、かつてより「甘く」なっていますね。簡単に言うと「とめ・はね・はらい」にこだわらなくていいということです。それって、テキトーでいいってこと😫

そのまま解釈してもいいものなんでしょうか?独自の考察をしてみました。

 

 

 *それでも後回しにするんですか?(👈クリック)(6/20)

受験勉強はスタートの時期が大事です。それも、目標が高いのであれば、早めにスタートしなければいけません💨。現状を早く分析し、早く行動していかなければ絶対に勝てません。

気力と知力をふり絞って勝負してみませんか?

 

 

計画が甘~くないですか?(👈クリック)(6/19)

定期試験の勉強は、あらかじめ立てた計画通りに進めることはできましたか?

直前まで、範囲をやり切れていないとか、最悪👿の場合は、やり切らずにぶっつけで行ったとか。それではできるようになるはずがありません。あま~い🍭計画を見直す必要がありますね。 

 

 

定期試験を終えて、頭を抱えてらっしゃる中学1年生のあなたへ(👈クリック)(6/18)

😣中学一年生は、この6月に最初の定期試験を受けました。結果をみて、衝撃💥を受けてらっしゃるあなたは、今後の対策をどのように立てていこうとお考えですか?

実は、私も同じ経験者です。

対策は、ズバリ「勉強方法の改善」に他ならないのではないのでしょうか? 

 

 

表彰します!(👈クリック)(6/17)

 当塾生への応援メッセージです👏。小学6年生は逆転を目指す生徒さんばかりですが、本当によくやってくれている生徒さんにエールを贈りました。ネットの場で表彰させていただきます。受験にも合格してほしいと思います。

 

 

* 「チャレンジテスト」って何者なんだ?(👈クリック)(6/16) 

学校によっては、チャレンジテストというテストがあります。ある中学校のテストの例をあげて、そのテストの目的が何かを考えてみました。 何をテストされていると思いますか?

 

 

中1の最初の定期試験は小手調べ。(👈クリック)(6/15)

中1の最初の定期試験は、本当の実力を反映しにくいのではないかと思っています。テスト範囲が狭く、まだ内容がやさしいからです。ですので、最初の試験にて、結果にこだわり過ぎず、反省点を洗い出し、次に活かすことよく考えることが重要だと思っています。

 

 

 頭がいい人とはどんな人のことか?(👈クリック)(6/14)

よく「頭がいい」という表現をしますが、勉強ができる人は「頭がいい」と言われます。

しかし、生徒(子供)が思う「頭がいい人」と、大人が思う「頭のいい人」には違いがあると思います。「頭がいい人」とはどんな人なのでしょうか?

 

 

ノートのポイント (👈クリック)(6/13) 

 毎日のノートの取り方についてですが、なにげに黒板に書いてあることを書き写していませんか?

なんのためのノートなのか、それを頭の中ではっきりさせてみませんか?

授業の受け方が変わってきますよ。 

 

 

小さな快挙を継続中2!(👈クリック)(6/12) 

小学校の漢字小テストで、満点を連発している生徒さんがいます。漢字が天敵というほど嫌いだったのに、奇跡のカムバックを果たそうとしています。

小テストでの「活躍」はかならず次につながるものです。あなたもやりましょうよ。

 

 

小さな快挙を継続中!(👈クリック)(6/11)

 英単語のテストで満点を連発し出した生徒さんがいます。継続することでその先には、大きな成果が待っています。苦手科目が、最大の得意科目になるよう、努力を続けようね。

 

 

一発屋にはならないで。(👈クリック)(6/10)

豪快な一発屋、といっても学校の小テストの話し。ある日とつぜん満点、どでかい打ち上げ花火は先生も注目しますが、たいていは、「場外ホームラン一発のみ」か2~3連発で終了です。

「継続は力なり」ですが、これスゴイ言葉です。継続できる人は勝者になれます。 

 

 

定期テストの追い込みも最後は気合と根性!(👈クリック)(6/9) 

 定期テストの試験範囲の勉強が終わらない、どうしよう・・・。やるべきことは決まってます。怒涛(どどう)の追い込みをかけるだけです。まだまだ、あきらめてはいけません。

 

 

数学の 勉強の基本について(👈クリック) (6/8) 

定期テストがこれからの学校、終わった学校があると思います。数学の勉強の仕方、考え方の基本を書き込みました。あたりまえの内容ですが、基本は意識してやってもらいたいところです。

 

 

証明問題ができなかった女子が小テストで…(👈クリック)(6/7) 

当塾に、学校の数学の小テストでいつもの点数より大幅アップ(2倍)した女子生徒さんがいます。「勝因」はやることを、忠実にやったからに他ならないと思っています。後は、これを継続することで志望校は近づいてくると思っています。

 

 

定期テスト対策について【英語】(👈クリック)(6/6)

基本的な英語の定期テスト対策(というか特別なものはないのですが)についてお示ししました。あたり前のことしか書いていませんが、これが実にできていない生徒が多い印象です。基本に忠実になることは、ここでも「鉄則」です。

 

 

中1は最初の定期テスト。(👈クリック)(6/5)

中学1年生は最初の定期テストがあります。準備はもちろん大切です。そして、その後の振り返りをしなければいけません。

結果という現実を「冷静」に受けとめて、その後の対策を考えることが必要です。

 

 

過去問をやっておけば大丈夫なの?(👈クリック)(6/4) 

まずは、過去問やるという考え、どうなんでしょうか?人によっては、なんでもかんでも過去問、過去問。なぜ、それをするのかしっかりと目的を考えておく必要があると思います。 

 

 

「集中力」の流儀 習慣編(睡眠)知識と活かし方(👈クリック)(6/3) 

集中力を発揮するためには、睡眠の知識もあった方がいいと思いますよ。寝不足では、起きている間に、集中することはできません。寝ている間に起こっていることを理解して、1日を充実できればいいですね。

 

 

*中3生は今すぐ行動を!(👈クリック)(6/2)

もう始める時期です。受験は皆が挑戦者で、「ディフェンディング チャンピオン」は存在しません。し烈な勝負なのです。特に逆転を狙うあなたはもうスタートしなきゃいけません。

 

 

小テストでいきなり満点をとると先生は見てますよ。(👈クリック)(6/1)

突然満点、先生に注目されてますよ。

  

 

小学生への〇つけについて?(👈クリック)(5/31)

小学生への〇つけはどうされていますか?

 

 

「集中力」の流儀6 習慣編(食事)(👈クリック)(5/30)

勉強の時のお菓子は、集中力を低下させます。甘い物には気を付けて。

 

 

駿河のメッシ選手を応援します。(お忙しい方は見ないで)(👈クリック)(5/29) 

塾生への応援メッセージです。勉強法の参考にはならないと思いますので、お忙しい方は、お読みになられないよう、お願いします。

 

 

「集中力」の流儀 5 習慣編(勉強時間)(👈クリック)(5/28) 

集中力を継続させるためには、やることと時間を区切った方がいいというお話しです。

 

 

単語は気合だあ(👈クリック)(5/27)

 

単語を覚えるテクニックはありますが、同時に気合が必要です。気合ダァ~

 

 

証明問題ができなかった女子が小テストで…(👈クリック)(6/7) 

当塾に、学校の数学の小テストでいつもの点数より大幅アップ(2倍)した女子生徒さんがいます。「勝因」はやることを、忠実にやったからに他ならないと思っています。後は、これを継続することで志望校は近づいてくると思っています。

 

 

定期テスト対策について【英語】(👈クリック)(6/6)

基本的な英語の定期テスト対策(というか特別なものはないのですが)についてお示ししました。あたり前のことしか書いていませんが、これが実にできていない生徒が多い印象です。基本に忠実になることは、ここでも「鉄則」です。

 

 

中1は最初の定期テスト。(👈クリック)(6/5)

中学1年生は最初の定期テストがあります。準備はもちろん大切です。そして、その後の振り返りの反省をしなければいけません。

結果という現実を「冷静」に受けとめて、その後の対策を考えることが必要です。

 

 

過去問をやっておけば大丈夫なの?(👈クリック)(6/4) 

まずは、過去問やるという考え、どうなんでしょうか?人によっては、なんでもかんでも過去問、過去問。なぜ、それをするのかしっかりと目的を考えておく必要があると思います。 

 

 

「集中力」の流儀 習慣編(睡眠)知識と活かし方(👈クリック)(6/3) 

集中力を発揮するためには、睡眠の知識もあった方がいいと思いますよ。寝不足では、起きている間に、集中することはできません。寝ている間に起こっていることを理解して、1日を充実できればいいですね。

 

 

*中3生は今すぐ行動を!(👈クリック)(6/2)

もう始める時期です。受験は皆が挑戦者で、「ディフェンディング チャンピオン」は存在しません。し烈な勝負なのです。特に逆転を狙うあなたはもうスタートしなきゃいけません。

 

 

小テストでいきなり満点をとると先生は見てますよ。(👈クリック)(6/1)

突然満点、先生はそのような生徒を気にして注目しているのではないでしょうか?私の過去の経験からの視点でお話しをしています。そして、イキナリ高得点の後が続かないことがいかに多いことか・・。継続は力なり、は意識してほしいですね。

 

 

小学生への〇つけについて?(👈クリック)(5/31)

小学生への〇つけはどうされていますか?低学年はともかく、高学年にもなれば、自分で答え合わせをする習慣を意識した方が私はいいと思います。なんでもやってあげると、自学自習ができるようになるタイミングを遅らせると思います。

 

 

「集中力」の流儀6 習慣編(食事)(👈クリック)(5/30)

勉強の時のお菓子は、集中力を低下させます。科学的ですが、わかりやすく解説をしたつもりです。甘い物は、集中力を失わせる原因になりますので、食べるタイミングは要注意です。

 

 

駿河のメッシ選手を応援します。(お忙しい方は見ないで)(👈クリック)(5/29) 

塾生への応援メッセージです。勉強法の参考にはならないと思いますので、お忙しい方は、お読みになられないよう、お願いします(笑)

 

 

「集中力」の流儀 5 習慣編(勉強時間)(👈クリック)(5/28) 

集中力を継続させるためには、やることと時間を区切った方がいいというお話しです。集中力を短時間で発揮して、休憩は意識してしっかりとる、という方法が推奨されています。一度、試されてみては?

 

 

単語は気合だあ(👈クリック)(5/27)

 英単語には、覚え方のテクニックがあります。しかし、気合がないと覚えられるものではありません。気持ちの問題というと精神論のように聞こえるかもしれませんが、覚える数が2個や3個ではないので、「気」を入れることも必要です。

 

 

*「集中力」の流儀 4 習慣編(勉強場所)(👈クリック)(5/26)

勉強においては、集中力というのは非常に大事な要素です。集中力を発揮するためには、必要なことを習慣化させることが近道になると思います。今回は、勉強場所に関して意識するポイントについてお話ししています。

 

 

「集中力」の流儀 3 (👈クリック)(5/25)

 勉強においては、集中力というのは非常に大事な要素です。集中力を発揮するためには、その前段階の準備をするといいと言われます。その内容に関して解説しています。

 

 

毎日やる理由(👈クリック)(5/24) 

 毎日勉強する理由について記載しました。なぜ、隔日や、3日に一回ではダメなのか。たまにたくさん勉強するより、毎日少しずつの方がいいのはなぜか?長い目でみたお話しをさせていただきます。

 

 

「集中力」の流儀 1、2(👈クリック)(5/22) 

 勉強において、集中力は非常に大事な要素です。塾で生徒を見ていると、集中力がある生徒は、成績が伸び、逆に集中力がない生徒は、成績が伸び悩んでいます。

 

ところで、集中力は、イコール気合だと思っていませんか。それは、ある意味その通りだと思いますが、気持ちの問題だけではなく、勉強方法同様に「技術=スキル」とも言われています。

 

 

結果のウラには原因がある。(👈クリック)(5/21) 

出た結果には、原因があります。受験においても、意外なことは起こりえますが、意外とはいえ、原因があるはずです。それは偶然に起こることではなく、原因があって結果があるという必然であると思います

 

 

エールを送らせてください(👈クリック)(5/20) 

塾では、中学受験にむけてがんばっている生徒がいます。ですので、応援すべく、メッセージを掲載させていただきました。どうぞよろしければ。かなり厳しい状況から大逆転しようとしている生徒もいます。朝勉している生徒もいます。その努力には頭が下がります。

 

 

なにかひとつこだわりを持ってみませんか?②(👈クリック)(5/19) 

継続は力なりと言われます。よく聞かれる言葉ですが、それだけ重みがあるということだと思います。さて、継続するといっても、なかなか、簡単なことではありません。最初に「やるんだ」という意気込みは大事ですよね。

 

 

なにかひとつこだわりを持ってみませんか?(👈クリック)(5/18)

 継続は力なりと言われます。よく聞かれる言葉ですが、それだけ重みがあるということだと思います。さて、継続するといっても、なかなか、簡単なことではありません。できる工夫について、お話しをさせていただきたいと思います。

 

 

算数の問題をひねってみると…(👈クリック)(5/17)

小学生の算数ですが、ちょっと問題をひねって出すと、応用が利かずにできない生徒がいます。算数(数学)の原点に戻って「なぜなのか?」をよく考えるトレーニングが必要なのではないかと思います。パターン演習だけでは、本当の実力はつきません。

 

 

過程(プロセス)と結果のブログのまとめ(5/17)

 勉強に関しての過程(プロセス)と結果の関係についてのブログをまとめました。ご興味がございましたら、ご参考までに。

 

 

特殊な公式にも意味がある(👈クリック)(5/16)

 一般的な公式から導かれる特殊な公式にも意味があります。一般的に使う公式で代用できるからと言って、特殊な公式を覚えようとしないのは間違いです。

教科書に出てくるからには、その公式には、何か意味があるはずです。

 

 

小テストで得点王になってください(👈クリック)(5/15) 

最近入塾された生徒さんで、地理の国名の確認テスト(小テスト)で、50問全問正解した方がおられます。大事なのは、小テストだからといって軽く見ないことです。こんな小さなことでも全力投球することを繰り返していれば、確実に実力がついてきます。一つ一つの積み重ねが大事です。

 

 

努力せず結果が出るとおごりになる(👈クリック)(5/14)

どなたのお言葉かわからないのですが・・・努力して結果が出ると、自信になる。努力せず結果が出ると、おごりになる。努力せず結果も出ないと、後悔が残る。努力して結果が出ないとしても、経験が残る。という名言があります。勉強の場合に当てはめてお話しをしてみたいと思います。

 

 

努力して結果が出ると自信になる(👈クリック)(5/13)

 どなたのお言葉かわからないのですが・・・努力して結果が出ると、自信になる。努力せず結果が出ると、おごりになる。努力せず結果も出ないと、後悔が残る。努力して結果が出ないとしても、経験が残る。という名言があります。勉強の場合に当てはめてお話しをしてみたいと思います。

 

 

「集中力」って大事ですよね。ほか。(👈クリック)(5/12)

 小学2年生をお教えしています。今週は、国語の「たんぽぽ」を勉強しました。なかなかよく真面目に取り組んでくれている女の子です。授業は楽しんでやっていますが、ちゃんと集中もしています。成長している姿が感じられます。集中力も個人差が大きいですね。大事なことだと思います。

 

 

できる人の行動や考えをマネてくださいね(👈クリック)(5/11)

 勉強ができるようになりたければ、勉強ができる人が、何を考え、どんなことをしているのかをマネするのが一番だと思いませんか?実際には、簡単な話しではないのですが、そのように考えるのが普通の流れだと思いますが、いかがでしょうか? 

 

  

作文・感想文が苦手です。(👈クリック)(5/10)

作文、読書感想文など、苦手にしている小学生・中学生は多いと思います。これは、まだ、十分な論理的思考力が備わっていないことも影響しているものと思います。対策としては、やはり、演習をしていくことだと思います。

 

 

証明問題ができなくてもご安心ください(👈クリック)(5/8)

証明問題ができないのは、中学生の年齢であれば、別に普通ことです。また、女子はこの手のものが苦手な傾向があります。ですので、証明が苦手だと心配せずに、ご安心ください。というわけで、安心して証明問題に取り組んでくださいね(笑)

 

 

スマホという時間泥棒にはお気を付けください(👈クリック) (5/7)

LINEのようなSNSは必要なものとされてきていますが、使い道しだいでは、ただの時間泥棒のなると思います。貴重な時間を大量に奪われないよう、時制することも必要だと思います。 

 

 

計画を立てても、なかなか前に進めない方へ(👈クリック)(5/6)

せっかく、計画を立てても、これで本当に結果が出るのかな、とうまくいった経験がないと自信がないために、実行するのがおっくうになっていませんか?その時のとりあえずの対処法の一例です。

 

 

続 小さな快挙の成功事例報告(👈クリック)(5/4)

漢字に大苦戦していた小6の生徒さんですが、ご本人の努力とご家庭のフォロー、塾との連携によって、急ピッチでばん回してきています。その成功事例報告をさせていただきます。

 

 

 成績を上げるためには(👈クリック)(5/4)

当塾のHP関連の内容になります。多くの塾で、教えることで成績があがるようなことを言っています。これは、そうすれば、生徒が集まりやすいからなのではないのでしょうか? 

「優秀な講師が、親切にわかりやすく・・・」当塾でも、それは、当然意識します。しかし、勉強の基本は、教えてもらうことではなく、自発的に「学ぶ」ことのはずです。その方が成績は伸びると言えます。

 

 

勉強時間について(👈クリック)(5/4)

近年、中学生の勉強時間が「ゆとり世代」よりは多いものの、それ以前と比べると少なくなっています。スケージュールを立てて、勉強時間を確保することが必要です。

 

 

今やっている展開の公式はなんなのか?(👈クリック)(5/4)

中3の多項式どうしの掛け算の展開の公式ですが、この公式を使うことに意味を感じていない生徒がいますね。これは、後に出てくる因数分解につながるものですので、公式はしっかり使い慣れてほしいと思います。

 

 

 集中の仕方についての一例(👈クリック)(5/1)

 よく集中力は大切だと言われます。なぜ集中力がないといけないのでしょうか?集中すれば、短時間のうちに多くのことができる、また、勉強の質も高まるという利点があると思います。集中力がないと、多くの時間を無駄にしてしまいます。

 

 

 証明問題はいきなりはできない。(👈クリック)(4/30)

 数学の証明問題が苦手な中学生は多く、また、特に女子は苦手にしている印象があります。証明の文章を作るのが苦手とのことです。なぜなのか「証明」をしてみました。

 

 

 証明問題ができない(👈クリック)(4/29)

 「最大の苦手科目は、最大の得意科目になりうる」。そして、苦手科目は嫌いで、得意科目は好きなものです。証明問題が苦手で嫌いという意見を聞きます。それも、意識的に克服しようとすれば、もしかして、最大の得意分野になるかもしれませんね。

 

 

 続 小さな快挙。(👈クリック)(4/28)

先日の英単語60問パーフェクトの快挙に続いて、また、新たに小さな快挙が生まれました。今度は、漢字なのですが、超苦手克服のきっかけとなるのではないかと思っています。

小テストでも全力投球のお話しです。

 

 

 習ってない漢字も攻めていきます。(👈クリック)(4/27)

 当塾は、小学生にも習っていない漢字を積極的に覚えることを勧めていきます。塾は学校ではありませんので、塾の方針として、効率化を計って、徹底して攻めていきます。習っていない漢字を学習する理由は、漢字が読めれば、本が読めるからです。読める本のレベルも上げていくことができます。 

本が読めると、国語力がつきます。

国語力があると、他教科にも成績が波及すると言われます。

 

 

 塾内での勉強について(改)(👈クリック)(4/27)

当塾での授業内容の一部について、ご紹介しています。中学・高校の英語で、基礎(土台)となるのは単語と熟語です。これをどのように覚えていくのかは、軽視されがちな重要課題だと思います。また、単語が読めないと音読もできません。

 

 

 小学生の漢字の自己採点の落とし穴(👈クリック)(4/26)

 小学生の自己採点では、よく見ると〇をつけているのに、微妙(びみょう)に字が違っていることがあります。

実はこれ、優秀な生徒でも習っていない漢字であると、結構やってしまっているミスなのです。ご家庭でお子さんの勉強をみているお母さんは要注意です。

 

 

 他人の経験から学んでみては(👈クリック)(4/25)

 『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』という格言があります。これは、勉強についても言えることではないかと思っています。成績のいい人は、新しいものを受け容れますが、そうでない人は、自分の方法、考え、スタイルを変えようとしません。

  

 

 うまい人をマネればうまくいく(👈クリック)(4/24)

どんなことでも、上手な人のマネをすれば、それなりにうまくいくものです。勉強についても、成績上位者のやっていることをマネてみるか、よい指導者の指導を受けるかしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 確認テストを大事にしていますか?(👈クリック)(4/23)

確認テスト(小テスト)しっかり勉強して、得点をとることは大切なことです。小さなことの積み重ねが、後に大きな成果となります。確認テストの勉強をしっかりやることは、いろいろな利点があります。

 

 

 小さな快挙!(👈クリック)(4/22)

英語が苦手でありながら、単語の小テストで満点を取ってくれた塾生さんがいます。これまでには単語にも苦戦ぎみでした。 そこで、塾では、小テストの出題範囲の「発音のわからない単語」の発音をチェックして教えました。必ず発声しての単語練習、などなどをお願いしました。  

結果、30問全問正解。それも、現在形と過去形のセットで正解になっているので、実質60問全問正解。Excellent!

 

 

 やる気が出ない時に少しでも前に進む工夫の一例(👈クリック)(4/21)

やる気の出ない時に、少しでも前進できるような工夫についてのご提案です。どうしてもやる気が出ない時っていうのは、誰にでもあると思います。勉強のやる気がしない時には、別の勉強をしてみてはというご提案です。

 

 

 まわりの人がやっている方法だから正しいの?その2(👈クリック)(4/20)

 どちらかと言うと、気を遣う優しいタイプの人は、まわりと合っていないかが気になってしまい、人と違うことができない傾向があります。そこが問題ですが、それでもあえて言わせてもらえば、理にかなっている効果的なやり方があれば、勇気を持って、まわりと違っていても試してみた方がいいと思います。

 

 

 やる気が出ない時に少しでも前に進む工夫(👈クリック)(4/19)

やる気が出ないからといって、やる気が出てくるのを待っていては、なかなか勉強は始められないものです。だから、まずは行動することが重要ですが、それでも、うまくいかないことはあると思います。そこで、どうしてもやる気の出ないときに、私がしている工夫がありますので、ご紹介させていただきます。

 

 

 やる気に関する記事のご紹介(👈クリック)(4/19)

 勉強の「やる気」に関する当塾のブログ記事をまとめております。やる気が出なくて勉強しない、という声をよく聞きますが、どこに問題があるのでしょうか?どこに問題があるのかを考え、適切な対処をすべきだと考えます。(当塾生に向けたメッセージが含まれています。ご容赦ください。)

 

 

 中学生の方へ、家で英単語の発音がわからないときにどうしていますか?(👈クリック)(4/19)

 発音のわからない単語が出てきたときに、わからないまま丸暗記をしてしまっている人は結構います。発音の仕方がわからなければ、さすがに「話す」ことができませんよね。また、発音の仕方がわからないと、その単語の発音を聞く側にまわったときに「聞きとる」こともできませんし、声に出して「読む」こともできません。そして、記憶からすぐに消えてしまいます。

  

 

 まわりの人がやっている方法だから正しいの(👈クリック)(4/18)

 自分のやっている勉強の仕方って、まわりの人がやっている勉強方法と同じですか?まわりの人がやっているやり方を参考にして、自分もそうしているとか・・。今よりももっとできるようになりたい、今よりも高いレベルになりたいと思うのであれば、まわりの人と同じやり方で、はたして良いのでしょうか?

 

 

計画を立てることの重要性を本当に理解されていますか?(👈クリック)(4/17)

スケジュールの立て方など学校で教えてもらっているのでしょうか? 中学校からはテスト前のスケジュール表を渡されているようですが、作成の仕方については、レクチャーされていないようです。スケジュールの作成方法も学ぶ必要はあると思います。 

 

 

英単語は覚えられる(👈クリック)(4/17)

 単語がわからないと、英語の勉強がつらいと思います。私も中学1年の時には、わからない単語だらけで、英語が非常に難しく感じていました。これはちょっとした地獄です。発音と一緒に覚えていきましょう。

 

 

同じやり方では、同じ結果を生みます(👈クリック)(4/16)

「同じやり方は、同じ結果を生みます。違う結果がほしければ、違う行動をしなければいけません。」。アインシュタインの言葉です。過去の自分の勉強のやり方を繰り返していれば、同じ成績しか残せないことになるのではないでしょうか? 

 

 

スケジュールを立ててみたのはいいのだけれど…(👈クリック)(4/15)

学習のスケジュールを自分で作って、計画通りに勉強を進めることは、スゴイことではなく基本です。作成の際の注意事項などを記載しました。最初のうちは慣れないかもしれませんが、作って自分で運用できるようになる必要があります。

 

 

塾に行く日は部活と関係あるの?(👈クリック)(4/14)

塾に行く日ですが、部活のスケジュールが影響することはわかります。しかし、1週間のスケジュールを見渡してみて、バランスがとれた時間割りになっていますか?戦略的に予定が立てられていないのであれば、考え直す必要があるのではないでしょうか?

 

 

勉強時間について(👈クリック)(4/13)

 塾生に向けたお話しです。近年、中学生の勉強時間が少ないようです。原因の一つに勉強時間を計画的に確保していないということが挙げられると思います。自分で計画が立てられない生徒もいます。スケジュールを意識して勉強していけば、それが習慣になってくるはずです。

 

 

志望校を決める時の注意点。(👈クリック)(4/12)

 塾では勉強していても、家ではあまりやる気になれない。それでいいんでしょうか?家での勉強ができないのは、ただ習慣がついていないだけのお話しなのでは?気持ちを変えて、計画性を持てば、習慣がついてきますよ。

 

 

志望校を決めておきましょう。(👈クリック)(4/11)

 新学期に入ったばかりの時期ですが、中学2年では、まだ志望校が決まっていない人も多いようです。今、やっている勉強が入試のためであるのなら、目標は決めておくべきでしょう。いろいろと調べておくことも役に立ちます。

 

 

家で勉強しなきゃダメだよ(👈クリック)(4/10)

 塾では勉強していても、家ではあまりやる気になれない。それでいいんでしょうか?家での勉強ができないのは、ただ習慣がついていないだけのお話しなのでは?気持ちを変えて、計画性を持てば、習慣がついてきますよ。

 

 

たくさん教えてもらうと伸びるのか(👈クリック)(4/9)

勉強をたくさん教えてもらうと成績が伸びる。そんな風に「誤解」されている人って多いのではないのでしょうか?教えてもらって理解するだけでは不十分です。また、受け身の姿勢も自立できず、成績は伸び悩むのではないのでしょうか?

 

 

今、塾でやっていることについて(for 塾生)(👈クリック)(4/8) 塾生へ

何事も「勝負」に挑むときには、戦略や戦術を立てることが必要です。勉強も同様だと思っています。多くの生徒が行き当たりばったりで、何の見通しも立てずに前に進んでいるように思います。それでは、成績の伸びにも限界があるのではないでしょうか?

 

  

字が…な人のその後 素直な人は伸びるんです(👈クリック)(4/7)

字のきれいさ、書くスピードには、ペンの持ち方が影響していると考えられます。これはちょっと、という生徒に対しては修正を指導していますが、素直に受けいれた生徒は、あっという間に直り、字がきれいになりました。ちょっとびっくり。そうでない方は変化がありません。

 

 

フライングができれば有利です(👈クリック)(4/6)

水泳・陸上など、フライングはしてはいけないとされていますが、勉強(特に受験)については、そんなルールはありません。計画性もなく、後でやればいい、追い込みの時期にやればいい、という考えが甘いと気づくときには、もう手遅れだったりします。

 

  

習慣のもつパワーを勉強に利用してみませんか?(👈クリック)(4/5)

習慣のもつパワーを逆に利用して、いい習慣をつけてしまえば、苦痛が苦痛でなくなってきます。これを勉強に応用すればいいと思います。よく、やる気が…と言われますが、問題の本質が少し違っていることがあるような気がします。

 

 

習慣がもつパワー(👈クリック)(4/4)

 習慣とは、恐ろしいもので、決まったパターンはなかなか変えることができません。が、しかし、頑張って変えてしまって、逆にそれを習慣にしてしまえば、なんてことはないわけです。いい習慣を無理やりにでも自分に植え付けると、それが普通にこなせるようになってきます。

 

 

ちゃんと計画・スケジュールを立てていますか(👈クリック)

 勉強時間の確保は必要なことです。勉強でも仕事でも、時間を自分で管理することは必須です。スケジュールを自分でしっかりと立てられる生徒が、どの位の割合でいるものなのでしょうか?スケジュール管理は勉強を進めていく上で重要なテーマと考えます。

 

 

大切なのは学校の授業のはずです(改)(👈クリック)

 当ブログは「大切なのは学校の授業のはずです」を改訂したものです。塾・予備校では、授業・映像授業・塾用教材の演習など、様々ですが、基本は何といっても「学校の授業」のはずです。学校での勉強時間をいかに有効に使うかを考えるべきです。

 

 

字が・・・な人って(👈クリック)

字が「きれいでない」人っていますが、それがいろんな問題を引き起こすことがあります。普通に読める字であればいいのですが、そうでない場合、テストでも将来でも苦労することになります。ペンの握り方に問題はありませんか?基本の型にしてみることで、少しは改善できるのでは?

 

  

実際に計画を立ててみると…(👈クリック)

計画、スケジュールを立てることは、あまりやったことがないと難しいことだと思います(実際にそのような声があります。)。ある塾生に計画の立て方を教えたときの内容を書き込んでみました。

 

 

友達関係について(👈クリック)

友達は大切ですが、場合によっては友達も選ぶ必要があると思います。自分の目標となるような人と付き合うことによって、いい影響を受けることができるかもしれません。

 

 

こんな方が来られています2(👈クリック)

最近、立て続けに運動ができる人がご相談に来られました。しっかりしていて気持ちがいいですね。今、いる塾生もいい人たちばかりです。

 

 

長期休暇中の課題の優先順位付けとスケジュール作成(👈クリック)

本来は、休暇に入るときに行うべき作業ですが、残りの期間でたまった課題をやる場合にも、優先順位付けと、それをスケジュールに組み込んで、計画的にこなしていくことが、やり残しをしないための対策になると思います。

 

 

春休み!計画性を持つことが大切だと思います(👈クリック)

すでに春休み真っ最中ですが、この時期をどのように過ごすのかで、結構差がつくものだと思います。そのためにも、計画を立てて自己管理することが必要です。

 

 

勉強における「集中と選択」(👈クリック)

宿題をやるにしても、その意味を考えてやっている人とやっていない人では、違いは明らかです。提出するだけの作業はやめて、効果の上がる勉強をしていかなければいけません。

 

 

計画を立てることの重要性を本当に理解されていますか?(👈クリック)

目的あっての手段のはずですが、時として、手段と目的の順序が反対になることがあります。計画を立てていれば、目的とそのための手段は明確になり、なんのためにやっているのかも明確になります。

 

 

「宿題」についての究極の選択(👈クリック)

極端な2択を示しました。成績が上がらない宿題はやるに値しないはずです。問題は、とにかく提出するためにやっているという人がいることです。身になる勉強の仕方をしないと時間の無駄になります。

 

 

勉強方法にはこだわりをもってください2(👈クリック)

「勉強方法にはこだわりを持ってください」の続編です。新小6との対話で思いついたことを記載しています。どのような考え方で勉強に臨むのかは、非常に重要なことです。小学生の段階から理解することが理想だと思います。

 

 

家で発音のわからない英単語をどのように覚えようとしていますか(👈クリック)

発音のわからない英単語を覚えるときに、発音の仕方がわからないまま覚えようとしている人はいませんか?これはやってはいけません。

 

 

勉強方法にはこだわりを持ってください(👈クリック)

当塾に通う小学4年生が勉強方法に関するマンガを読んでいます。その生徒は成績優秀です。できる人は、勉強方法にこだわりを思っています。

 

 

【PRのページ】東海大学翔洋中等部に行きませんか?(👈クリック)

塾には、当学校を希望する新小学6年生が複数います。ぜひ、一緒に目指してみてほしいと思い、募集をしました。同じ学校を目指すことで、いろんな利点が考えられると思います。

 

 

新中学1年の方へ、中学でやっている英語がどのようなものだと思いますか?(👈クリック) 

英語は、発声をすることが重要です。言葉ですから、当然ですよね。しかし、発音の仕方がわからない単語が出てきたときに、多くの生徒は困っています(また、問題意識がなければ成績は伸びていません。)。対処法はあるのでしょうか?

 

 

中学生へ、2点セットより3点セットの方がお得ですよ(👈クリック)

動詞の過去形を習うときですが、「過去形まで」で止まっていますか?○○バーガードリンクセットに例えてみました。

 

 

中学生へ、家で英語の発音がわからないときにどうしていますか(👈クリック)

中学生の方に向けての内容です。前回のブログに引き続いて、英語の発音が勉強にどのように影響してくるのかを自分の経験を踏まえてお話ししています。塾生には徹底するようにお話ししてますが、他の方はいろいろご意見もあると思いますので、ご参考までに。

 

 

発音がわからないまま英単語を覚えようとしてはいけません(👈クリック)3/16

意外と発音がわからないまま単語を覚えようとしている生徒が多い印象があります。発音、発声は基本であり、これを外すと英語の聞く、話す、書く、読むの能力に影響を与えると思っています。これができていない生徒さんは、対策を取らなければいけないと思っています。

 

 

こんな塾にしたいと思っています👈クリック)3/13

勉強方法がわからず困っている生徒さん、成績が横ばいだが原因がわからず困っている生徒さんの助けになりたいと思っています。

 

 

当塾へのお問い合わせ内容について(👈クリック)3/10

当塾へお問い合わせいただいている方々の特徴について、お話しをさせていただきました。中学生の方は「勉強方法」について悩まれているご様子です。

 

 

冬期プチセミナーアンケート結果(👈クリック)3/10

発音記号講座の冬期プチセミナーのアンケートを、一般参加の方1名にアンケートをお願いして書いていただきました。ありがとうございました。

 

 

短期集中特別講座Ⅰのアンケート結果(👈クリック)3/10

一部の生徒の方々より、アンケートをいただきました。皆さん、今後の自分への想いも込めて、一生懸命に書いていただきました。ありがとうございました。

 

 

短期集中特別講座Ⅰの結果発表 (👈クリック) 3/7

結果は、平均UP点数31点(1教科50点満点、合計250点)でした。点数として結果は出しました。個人ごとのこれまでの状況と、今後の課題についてコメントしています。

 

 

短期集中特別講座Ⅰ第8回目レポート (👈クリック)3/7

最終回は、結果発表と反省会でした。各人の点数を公表することはできませんので、UP点数の報告のみでした。残念ながら、チーム対抗戦は1人がテストを病欠したため、中止となりました。

 

 

ホームページよくある質問の詳細解説集(👈クリック)3/7

「よくある質問」の詳細解説をひとつにまとめたものです。それぞれの項目ごとに簡単な解説文がついています。

 

 

家庭教師で成績があがらない?(👈クリック)  3/4

またか、と思えるほどよく聞く話しです。生徒の成績の伸び悩みの原因を考えて指摘できない家庭教師に、価値はあるのでしょうか?

 

 

小さな来訪者(👈クリック)3/3

小さな「お客様」がひとりでやってきました。一体誰なんだこの子は?というエピソードです。忙しい人は読まないでください(笑)

 

 

こんな方がご来塾されています(👈クリック)2/25

中学受験を目指す生徒さんが来られました。早速改善点が見つかったのと、素直な性格であるので教えを吸収さえしてくれれば、成績の方も期待できるのではないかと思っています。

 

 

短期集中特別講座Ⅰの結果速報(👈クリック)2/24

取り急ぎ、結果を発表させていただきました。4か月間での平均UP点数は31点(250点満点)でした。

 

 

礼儀正しい人は「もっている」 (👈クリック)2/23

あいさつやお礼、謝罪をしっかりできる人は、多少なりとも運を引き寄せられるものだと思います。普段から、あいさつやお礼はしっかり言いたいものです。

 

 

書き取りのための書き取りはそろそろ・・(👈クリック)2/21

小4男子の生徒さんが、「漢字の書き取りが多くてバカバカしい」と言っていましたが、中学生のみなさんの書き取りは、この何倍かの量を書いています。

(書き取りは、中学生の授業においては、実施しない方針です。家庭学習の中でお願いをしていきます。(小学生も漢字学習は塾が推奨するテキストを使うことが基本です))

 

 

塾に行く日は部活のない日がいいのか?(👈クリック)2/20

部活のない日を「塾日」にしている生徒がいますが、このような生徒にはどのような傾向がみられるのでしょうか?

 

 

こんなスゴイ小2がいます。👈クリック)2/14

塾生に、なかなか個性が際立った小学生がいますが、そのご紹介です。小2とは思えないいい根性を持っています。

 

 

戦略・戦術がなければ勝つことはできません。(👈クリック)2/14

勉強するにも、どのように(方法)やるかだけでなく、いつ、どこで、どこまでやるのか、を決めることが必要です。

 

 

勉強方法を間違えると大変な目にあいます。(👈クリック)2/14

たとえ勉強していても、いつもの習慣から抜け出すことができず、「やるべきこと」をやらないと、取り越し苦労をすることになります。

 

 

 

 

【ブログ解説集】📚

 

ブログをカテゴリー別にまとめております。また、クリックすると、それぞれのブログに簡単な解説をつけております。ご興味のある記事を読んでいただければうれしいです。 

 

 

 

 

 勉強方法指導塾に関するブログのご紹介(👈クリック) 

当塾のがどのように考え、どのような方向に進もうと考えているかをお示ししているブログをまとめたものです。ご理解をいただける方と一緒に前進していきたいと考えています。

   

 

塾生のためのブログ集(👈クリック)

 塾生向けです。  

塾生向けのメッセージが中心です。メッセージは、塾生全員に向けたものから、特定の生徒様に向けたものまで、いろいろです。

 

 

「やる気」に関するブログ事のご紹(👈クリック) 

やる気に関するメッセージをまとめました。ただし、当塾は、「親に言われたから・・・」というような、やる気のない生徒さんのための塾にはしない方針です。

「やる気を起こしたいと思っていけど、やる気を起こすきっかけがほしい…」と生徒さん自らが考えているのであれば、ぜひ協力をさせてください。

 

  

健康に関するブログ記事のご紹介(👈クリック)

かぜ・インフルエンザ関連や、地域でのセミナーのための参考情報を載せています。

 

 

短期集中特別講座のレポート(👈クリック)

短期集中特別講座の概要と、第Ⅰ期生の 実際のセミナーを回を追ってレポートしたものです。前向きな生徒様対象の講座ですが、そこには私自身の、困っている人を「助けたい」との考えがあります。

ですので、向上心がない方は、前向きな気持ちになってから、ご応募をいただければと思います。

 

 

ホームページ解説(👈クリック)

 ホームページでは、言いたいことが沢山ありましたが、すべて書き込んでしまうと、ページが煩雑になりそうなので、このような形でご案内させていただくことにしました。ご興味のある部分だけを読んでいただいた方がいいのかなと思いました。

 

 

 

 

【勉強方法指導塾】📕

 

当塾が、「勉強方法指導塾」として、どのような方針、考えで運営していくのかについて、記載しています。

  

 

 

勉強方法指導塾について(👈クリック)

概論的な内容です。なぜ、このような塾を目指そうと思ったのかについて記載しています。

 

 

勉強方法指導塾(スケジュール管理編)(👈クリック) 

時間の管理は、きわめて重要なはずです。しかし、多くの学習塾では、「わからない問題を教える」ことばかりに目が行っており、大事な「時間」に関しての概念が欠落していると考えます。

 

 

勉強方法指導塾の目標進ちょく管理について(👈クリック)

目標があっての、行動(勉強)であるはずです。「志望校の合格に向けて」とはよく言いますが、そのためのマイルストーン(進むべき道の道しるべ)の設定が必要です。

 

 

勉強方法指導塾・静岡ぐんぐん塾の方針(👈クリック)

当塾の方針について、概論的な内容として記載しています。塾の全体像を知りたいという場合には、お読みいただければ幸いです。

 

 

勉強方法指導塾に関するブログのご紹介(👈クリック)

上記をひとつにまとめパッケージにしたものです。不要な記事とばして読んでいただけましたら幸いです。

 

 

 

 

 【短期集中特別講座】💪

 

当塾の通常授業とは別の特別セミナーである「短期集中特別セミナー」についての説明、および第一期生の授業レポートです。

 

概要👈クリック) 

どのようなセミナーかについて、ご説明をしています。以下のレポートにご関心があるようでしたら、一度、こちらに目を通していただいてから読んでいただければ、理解しやすいと思います。

 

1回目レポー(👈クリック) 

2回目レポー(👈クリック) 

3回目レポー(👈クリック) 

4回目レポー(👈クリック) 

5回目レポー(👈クリック) 

6回目レポー(👈クリック) 

7回目レポート(👈クリック)

結果速報(👈クリック)

8回目レポート(👈クリック)

結果発表(👈クリック)

アンケート結果(👈クリック)

 

 

 

短期集中特別講座のレポート集(👈クリック)

上記の各回の授業内容の記事をパッケージにしたものです。内容のあらすじを読んでいただければ、授業の流れもご理解いただけると思います。

 

 

  

 

【ブログ一覧】sitemap

 

ブログの一覧が、当塾サイトマップの下半分に掲載されております。すべてのブログが閲覧可能です。ご興味があればご参考までに。  

 

*ブログ一覧 

 

静岡ぐんぐん塾「サイトマップ」(👈クリック)

 

 

 

 

 

【概要】📙

 

当塾の考え方や方針が、比較的簡単にまとめられております。

  

(👈クリック)

 

 

  

 静岡ぐんぐん塾ホームページ(👈クリック)へ戻る


勉強方法指導塾

静岡ぐんぐん塾

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

静岡県 静岡市 駿河区

中学生/小学生

勉強方法学習塾

 

〒422-8035

静岡市駿河区宮竹1丁目18番地15号

電話 Fax

054-204-2500

【お問い合わせ】(👈クリック)

E-mail: shizuokajuku3@gmail.com

Shizuoka 

 Study Method